映画『ファントム・スレッド』 - エンタメレストラン -

2018/05/21

エンタメレストラン

Vol.161
ファントム・スレッド
5月26日(土)より、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館 ほか、全国公開
http://www.phantomthread.jp/
© 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved
【イントロ&ストーリー】
2018年度アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演男優賞など6部門にノミネートされた、ポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作。舞台は1950年代のロンドン。天才的な腕を持つ仕立て屋と、その"ミューズ"に選ばれた若きウェイトレスの、運命的で狂おしい恋愛を描く。主演は3度のアカデミー賞主演男優賞に輝く名優で、本作を最後に俳優業からの引退を表明しているダニエル・デイ=ルイス。
★1950年代のロンドン。仕立て屋のレイノルズ(ダニエル・デイ=ルイス)は、唯一無二のデザインと職人技で高級婦人ファッション界に君臨していた。ある日、彼は別荘に向かう途中に立ち寄ったレストランで、素朴なウェイトレスのアルマ(ヴィッキー・クリープス)を見初め、恋人として屋敷に迎え入れる。彼にとって"ミューズ"とは、創作に不可欠なインスピレーションと癒しをもたらす都合のいい存在のはずだった。しかし、若く情熱的なアルマは恐るべき愛の力でレイノルズの心に入り込み、彼が長年かけて築き上げた孤高の領域をかき乱していく。
【キャスト&スタッフ】
監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィル
音楽:ジョニー・グリーンウッド
配給:ビターズ・エンド/パルコ

痴話喧嘩? 美しくもシビアな男と女の“マウントの取り合い”?
名匠アンダーソンが食卓に浮かび上がらせる恋愛の奥深さ

 第90回を数える本年度アカデミー賞で衣装デザイン賞を獲得した『ファントム・スレッド』は、まさにファッショナブルな作品と言えるが、合わせてとても“奇ッ怪な映画”に仕上がっているのであった。舞台となるのは1950年代のロンドン。唯一無二のドレスデザインとその職人的な技術で英国の、高級婦人ファッション界の中心に君臨する初老の男、レイノルズという「腕利きの仕立て屋」の物語だ。

 が、冒頭、映画の語り手を務めるのは彼の若き妻アルマ。このあたりからさっそく“奇ッ怪”なムードが漂ってくる。2人が出会ったのは、レイノルズが立ち寄った田舎のレストラン。アルマはそこでウェイトレスをしていた。で、レイノルズのこだわりの注文に対し、アルマはそれを一度で覚え、おまけにちょっとしたユーモアも見せちゃうのである。ちなみにそのオーダーはたしか、ウェールズの伝統料理ウェルシュ・レアビット(チーズトーストの一種)の卵(ポーチドエッグ)のせに、ベーコン、スコーン、バター、クリーム、ジャム、それに中国紅茶のラプサン・スーチョン。

 レイノルズに気に入られた田舎娘のアルマはその晩、デートに誘われ、家にまで連れてこられる。何をするのかといえば、体の採寸。どうやら彼女は理想の体型らしい。アルマは一夜にしてレイノルズの"新たなミューズ"となり、一緒に暮らし始め、日々、彼の作る華やかなオートクチュール(高級仕立服)を身につける生活を手に入れる。

 しかし、モデルとして、レイノルズの創作にインスピレーションと一時の癒しをもたらす存在にはなったが、1人の女性としては全然愛してもらえず。言ってみれば神経質な洋服馬鹿(!)のレイノルズは、超自己中のまま俺流の"マイルール"を貫くばかりなのだ。例えば1日の大切な始まり、朝食の時間は静謐な空気の中でイメージを膨らますのが常。それは絶対で、アルマがトーストにバターを塗る音が耳につくと激しくイラつき、しまいにはぶち切れる始末。

 それでもアルマは負けていない。オリーブオイルで焼き、塩と胡椒で味付けしたアスパラガスがレイノルズは好物と言っているのに、あえてバターを使って料理したものを食卓に並べる。そして、ついには森から取ってきた“ヤバいもの”を彼の食事の中に混ぜ……これはバカップルの喧嘩か、はたまた美しくもシビアな男と女の“マウントの取り合い”なのか。『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007年)以来、2度目のタッグを組んだポール・トーマス・アンダーソン監督と名優ダニエル・デイ=ルイス、さらにはヒロインに抜擢されたヴィッキー・クリープスが“奇ッ怪”な駆け引きと、恋愛の奥深さをたっぷり見せてくれる。

 
Text by 轟夕起夫(映画評論家)
「キネマ旬報」「映画秘宝」「ケトル」などで執筆中。近年の編著に「好き勝手夏木陽介スタアの時代」(講談社)など。雑誌「DVD&ブルーレイでーた」で連載した名物コラム『三つ数えろ!映画監督が選ぶ名画3本立てプログラム』も単行本化。取材・構成を担当した『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』がスペースシャワーブックスより発売中。

ぐるなびPRO for 飲食店

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.