「Is that all?」は「伊豆ダロー?」 通じる! 接客英語のコツとツボ - 特集 -

2016/06/28

「Is that all?」は「伊豆ダロー?」 通じる! 接客英語のコツとツボ

近年、増え続けている訪日外国人観光客。飲食店としても「英語は苦手!」などと言ってはいられない。そこで、“通じる接客英語”の極意を、接客業への英語研修のほか、インバウンド人材育成と誘客プロモーションを行っている株式会社ライフブリッジの櫻井 亮太郎氏に聞いた。これを読めば、もう英語はこわくない!

Introduction 目的は英会話の上達ではない。外国人の顧客満足度を上げつつ売上アップ! ローマ字の発音方法にサヨナラ! 発音はカタカナでもOK 「正確」よりも「通じる」英語を! お役立ちフレーズを紹介

Introduction 目的は英会話の上達ではない。外国人の顧客満足度を上げつつ売上アップ!

「上手で正確な英語」でなく、
「通じる英語」で売上アップ

 訪日外国人(インバウンド)の勢いが止まらない。2015年には1973万人が訪日。政府の当初の目標「2020年までに2000万人」を、前倒しでクリアするのは確実な情勢だ。政府は今年3月、2020年の目標を4000万人に倍増させ、2030年には6000万人へと大幅な上方修正を発表。インバウンド市場が、今後ますます活況を呈するのは間違いない。

 一方、「食」は依然として、 ……(続きを読む

今回話をうかがったのは…株式会社ライフブリッジ 代表取締役 櫻井亮太郎 氏
宮城県仙台市出身。中学卒業後にアメリカに留学。リッチモンド大学(英国)国際経営学科を卒業し、ドイツやオーストラリアのIT企業などに勤務。10年間の海外生活を経て1999年に帰国。外資系金融機関で勤務後、2006年に故郷の仙台で株式会社ライフブリッジを設立。独自開発の発音方法により、英語での接客が2日でマスターできる「櫻井式カタカナ接客英語研修」のほか、8カ国語での翻訳、飲食・物販・宿泊業界への訪日外国人集客コンサルティング、YouTubeを使った誘客プロモーションなど、インバウンド観光戦略の分野に幅広く携わっている。飲食店関係者への英語研修実績も多数。
http://lifebridge.jp/

こちらの記事の続きはPRO for 飲食店の会員様のみ、ご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ぐるなびに簡単な情報を掲載したい方へ(無料)
  • 店舗情報を申請いただくと、お店の詳細情報ページが作成できるほか、リアルタイムで情報が更新できる管理画面のアカウントが取得できます。
エントリー会員申し込む(無料)
有料加盟で本格的にWEB促進したい方へ(有料加盟)
  • 貴店の詳細店舗情報を掲載のほか、経営をサポートする様々なツールを活用する場合はぐるなびがお店に合ったプランをご提案させていただきます。まずはお気軽に資料請求!
加盟に関する資料請求(有料加盟)
ぐるなび通信大特集 ジャンル別に一挙紹介!ヒットメニュー2017

ぐるなびPRO for 飲食店

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.