分煙&禁煙にどう対応する? いま考えたい飲食店のタバコ対策 - 特集 -

2018/12/18

2020年に向けた分煙&禁煙化の流れにどう対応する? いま考えたい 飲食店のタバコ対策

2018年7月に「改正健康増進法」が成立し、2020年4月から一部の飲食店では原則、屋内禁煙が義務付けられることになった。世界的にも公共の場での禁煙は標準となっており、分煙・禁煙化の流れは今後も進んでいくことが予想される。そこで、改正健康増進法のポイントや、消費者と飲食店を対象にした「たばこ」に関するアンケート結果を紹介。さらに禁煙化を進めた飲食店の取り組みと、その影響などもリポート。ぜひ参考にしていただきたい。

まず知っておきたい! 一部飲食店で禁煙が義務化 & “飲食店での喫煙”についてアンケート “店の分煙・禁煙化”についてアンケート CASE STUDY 飲食店の禁煙化

まず知っておきたい! 健康増進法の改正により、2020年4月から、一部の飲食店で原則屋内禁煙が義務化

小規模の店舗などは対象外。自治体ごとの条例も確認を

 店の分煙対策や禁煙化を考えるうえで、 ……(続きを読む

■改正健康増進法の概要

・喫煙専用室での飲食は不可。加熱式たばこ専用室であれば飲食可。
・喫煙をすることができる個室や全面喫煙可の店舗には20歳未満の者(従業員含む)を立ち入らせてはならないものとする。
・施設などの管理権原者などは、喫煙が禁止された場所に喫煙器具・設備(灰皿など)を設置してはならないものとする。
■罰則(過料)
 喫煙禁止場所における喫煙⇒30万円以下
 紛らわしい標識の掲示・標識の汚損など⇒50万円以下 など
■施行期日
 2020年4月1日(上記表のAについては2019年夏ごろより施行)
 ※詳細は、厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189195.html)を参照。

出典: 厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/index.html)「健康増進法の一部を改正する法律(平成30年法律第78号)
概要」(厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189195.html)を加工して作成

こちらの記事の続きはPRO for 飲食店の会員様のみ、ご利用いただけます。

ログインして続きを読む
ぐるなびに簡単な情報を掲載したい方へ(無料)
  • 店舗情報を申請いただくと、お店の詳細情報ページが作成できるほか、リアルタイムで情報が更新できる管理画面のアカウントが取得できます。
エントリー会員申し込む(無料)
有料加盟で本格的にWEB促進したい方へ(有料加盟)
  • 貴店の詳細店舗情報を掲載のほか、経営をサポートする様々なツールを活用する場合はぐるなびがお店に合ったプランをご提案させていただきます。まずはお気軽に資料請求!
加盟に関する資料請求(有料加盟)

ぐるなびPRO for 飲食店

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.