あればいいわけじゃない!集客アップにつながる看板の作り方 - 特集 -

2013/02/26

あればいいわけじゃない!集客アップにつながる看板の作り方

決して目新しくはないが、飲食店にとって一番身近な広告媒体、それが看板だ。だが、その重要性をきちんと認識しているお店は意外に少ない。集客アップに直接結び付く作り方のエッセンスを、業界のプロに聞いた。

看板で3つの確率を高める 「見つけてもらう」  ためのポイント 「魅力を感じてもらう」ためのポイント 「入店してもらう」  ためのポイント

看板の3つの確率を高めれば、非常に有効な集客ツールになる

 「私の見るところ、看板を本当の意味で効果的に使いこなせている飲食店は全体の5%程度。残りは何らかの部分に改善余地があります」。

 こう語るのは、看板に特化した集客理論を長く研究し、豊富な施行実績を持つアイワ広告の小山雅明氏。小山氏によれば「看板の役割は3つの確率を高めること」だという。

 「1つ目は、お客様に店を発見してもらう確率です。繁盛店を作る秘訣はリピーターの確保。それには常に新規来店も促さなければいけません。すでに目的意識のある人たちに対してはインターネットによる発信などが有効ですが、不特定多数に広くアピールできるのはやはり看板。いかに立地がよくても認識されなければ存在していないのと同じ。チャンスを逃さないためにも正しい位置に看板を設置することが重要です」。

 2つ目は「お客様に魅力を感じてもらう確率」。それには店の特徴やアピールポイントを、わかりやすく瞬時に伝えることが大切だ。「例えば、一口に居酒屋といってもお客様によってニーズは様々です。落ち着いてじっくり飲みたい方もいれば、気軽にワイワイ騒ぎたい方もいます。言い換えれば、看板を一目見ただけで、そこがどういう居酒屋なのかがパッと伝わらないとダメ。店側が自分たちのSI(ショップ・アイデンティティ)を再確認し、コンセプトに合った看板デザインを的確に作ることが求められます」。

 そして、3つ目が「お客様を誘導して実際に入ってもらう確率」。お店の前で立ち止まっても、結局は入らずに通り過ぎてしまう店には、いくつか共通の理由があると小山氏。「まず典型的なのは、看板にまったく価格が出ていなかったり、店頭が暗かったりと、お客様を不安にさせる作りになっていること。また、地下や複合施設内の場合は、看板自体は目についても入口がわかりにいというケースも見受けられます」。

 この「見つけてもらう」「魅力を伝える」「実際に誘導する」という基本の3要素は、どんな業態でも変わらない。これらを1つずつ検証し、確率を高めることで、集客アップに結び付けられる。次ページからは、その具体的な考え方を紹介しよう。

アイワ広告株式会社 代表取締役社長
小山雅明
小山雅明氏
 看板視認性の改善、S.I(ショップ・アイデンティティ)による集客サインコンサルティングの第一人者。有名外食チェーン店の集客アドバイザーをはじめ、看板によって集客を仕組み化する看板ドクターとして、多くの飲食店や小売店など、業種・業態を問わずV字回復に導く。飲食業界専門誌や業界新聞などで連載のほか、テレビ出演、講演などを行っている。
 主な著書に『看板の魅力で集客力がアップする』(かんき出版)、「儲かるお店は『見た目』で決まる」(実業之日本社)、監修DVD『看板を変えて、売り上げを伸ばせ!繁盛店への看板力』(日経BP社)、『お客を選ぶ店ほどお客に選ばれる』(日経BP社)、「人の心は『色』で動く」(三笠書房)などがある。
集客UPのために上げたい!看板の3つの確率 1見つけてもらう=発見確率のUP
不特定多数の人に見つけてもらうツールとして看板は有効。使い方次第では立地の悪さも改善できる。
2魅力を感じてもらう=魅力確率のUP
お店の魅力=SI(ショップ・アイデンティティ)をビジュアルで瞬時に伝えるのも看板の大きな機能。
3入店してもらう=IN誘導率のUP
看板にはお店の中の様子まで紹介する機能も。その役割は、敷居をまたいでもらって初めて完結する。

ぐるなびPRO for 飲食店

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.