東京・銀座 「マキシム・ド・パリ」 - 伝説の店 -

2013/11/11

時代を築いた看板メニュー 伝説の店 この一皿

ミルフィーユ
ミルフィーユ
パティシエたちが一つひとつていねいに仕上げる伝統の名菓(写真はSサイズ4,410円。ケーキショップで販売)。連なるようにイチゴが並べられているのが特徴。店内ではカットされた状態で供される。

半世紀にわたって愛される
銀座発祥のミルフィーユ

 最先端のトレンドと伝統が交錯する街、東京・銀座。約半世紀の歴史を刻むフレンチの名店「マキシム・ド・パリ」は、その一角にある。創業は1966年。当時のソニー株式会社副社長・盛田昭夫氏によって、海外から訪れる客人を招く社交場としてオープンした。

 そんな同店で、創業時から人気を博すデセールが「ミルフィーユ」。初代シェフ・パティシエ、ローラン・グラフ氏が、日本で人気のイチゴからヒントを得て、ミルフィーユとイチゴを組み合わせた。ちなみに、当時は「ナポレオンパイ」という名称で親しまれた。由来は、「フランス皇帝ナポレオンの帽子に似ていた」「お菓子界の“皇帝”になれるよう願いを込めた」など諸説ある。

 みずみずしいイチゴの下には、サクサクとしたパイ。オレンジリキュールが香る豊かなカスタード。生クリームは、まったりとしつつ、キレのある舌触りに仕上げてある。まさに皇帝の名を冠するにふさわしい、ゴージャスな味わいだ。「長年にわたって愛してくださるお客様のために、これからも伝統の味を受け継いでいきます」と、シェフ・パティシエの入澤聡氏。特別な人と食べたい銀座を代表するデザートだ。

東京・銀座
マキシム・ド・パリ
東京・銀座 マキシム・ド・パリ
東京都中央区銀座5-3-1 ソニービル B3階
営業時間:
【レストラン】
11:30~16:00(L.O.15:00)、18:00~23:00(L.O.21:30)
【ラウンジ】
軽食・ティータイム
12:00~17:30(L.O.17:30)
バータイム
月~土曜日 17:30~23:00(L.O.22:30)、
日曜日・祝日 17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:無休(ソニービル休館日に準じる、年末年始休)
ラウンジの壁面には19世紀に活躍したロートレックの模写画が飾られる。「パリをそのまま東京に」と、当時現地に滞在していた今井俊満画伯に模写を依頼。優美な世界が堪能できる。
ラウンジの壁面には19世紀に活躍したロートレックの模写画が飾られる。「パリをそのまま東京に」と、当時現地に滞在していた今井俊満画伯に模写を依頼。優美な世界が堪能できる。
シェフ・パティシエ 入澤 聡 氏
シェフ・パティシエ
入澤 聡
1998年入社。約15年間パティスリー部門に携わり、2013年4月にシェフ・パティシエに就任。仏の伝統菓子の味を継承しつつ、季節感を取り入れた新商品の開発も担う。

ぐるなびPRO for 飲食店

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.