第12回居酒屋甲子園全国大会、今年も横浜で開催

第12回居酒屋甲子園全国大会、今年も横浜で開催

埼玉の「三好屋商店酒場 深谷店」が全国1756店のトップに。ローカル立地の居酒屋の価値を高めたと評価

優勝した「三好屋商店酒場 深谷店」の面々

優勝した「三好屋商店酒場 深谷店」の面々

予選を勝ち抜いた5店舗の白熱したプレゼンテーション

 「居酒屋から日本を元気にする」というスローガンを掲げ、外食産業の素晴らしさを発信すべく、毎年開催されている「居酒屋甲子園」(主催/NPO法人居酒屋甲子園)。その第12回全国大会が、2017年11月14日、横浜市のパシフィコ横浜国立大ホールで開かれ、埼玉県の「三好屋商店酒場 深谷店」が日本一を勝ち取った。

 「共に学び、共に成長し、共に勝つ」という居酒屋甲子園の理念のもと、今大会には全国1756店の居酒屋が参加。覆面調査員が来店客の目線で調査する1~2次予選、プレゼンテーションによって全国12地区の優勝店舗を決める3次予選を行い、その後、面談と審査員会の最終予選を経て、全国大会進出5店舗を決定した。

 この日、壇上にあがった5店舗は、それぞれ熱気に満ちた20分間のプレゼンテーションを披露。優勝した「三好屋商店酒場 深谷店」は、地元食材の使用、特産物開発など、地域密着型の運営が評価された。また、新人スタッフでもすぐに常連客と親密になれる“ジャンケンハイボール”(じゃんけんで勝つとハイボールの量が2倍になるサービス)や、誕生日月の予約来店で、年の数の手羽先をプレゼントする“手羽先バースデー”なども注目を集めた。

 ほか、京都の「ベジテジや 四条烏丸店」は、メイン食材となるサンチュの自社開発・生産、独自の教育制度である“伝道師プログラム”などについて、和歌山の「和歌山ちゃんぽん 忠次郎」は、利用シーンごとの回転目標数の設定、利用動機に合ったメニュー作りなど、“麺居酒屋”としてのビジネスモデルを紹介。東京の「DAN CHICKEN DAN町田店」は、スタッフの本気を引き出す考え方、徳島の「レストランカフェウト・ウーク」は、地場産の規格外食材の活用などをアピールした。

 また当日は、店長の地位向上を目指して第7回より実施している「店長認定」の結果も発表され、福岡「天神じゃんぼ」の宮川啓人氏と、東京「やきとりにしだ屋 井荻店」の西川貴雄氏が、優秀店長に選出された。約5000人の来場者が期待と興奮の眼差しで見つめるなか、今回の全国大会も盛会のうちに幕を閉じた。

第12回居酒屋甲子園全国大会進出店舗

埼玉 三好屋商店酒場 深谷店

埼玉三好屋商店酒場 深谷店

地元中学校の名前を付けた「地元中ハイボール」など、ユニークかつ地域に密着した独自の取り組みを紹介した

受賞の挨拶に立つ代表の山川大輔氏。「店を切り盛りしてくれているスタッフに、想いが伝わったと報告したい」と喜びを語った

受賞の挨拶に立つ代表の山川大輔氏。「店を切り盛りしてくれているスタッフに、想いが伝わったと報告したい」と喜びを語った

京都 ベジテジや 四条烏丸店

京都ベジテジや 四条烏丸店

オリジナルの商品開発、接客教育、SNS映えする情報発信の取り組みなどを紹介

和歌山 和歌山ちゃんぽん 忠次郎

和歌山和歌山ちゃんぽん 忠次郎

“心を満たす店づくり、人づくり”という経営理念と、料理や教育のこだわりを披露

東京 DAN CHICKEN DAN 町田店

東京DAN CHICKEN DAN 町田店

五感を刺激するエンターテインメントを取り入れた店づくりと、スタッフの本気を引き出す仕かけを紹介

徳島 レストランカフェ ウトウーク

徳島レストランカフェ ウトウーク

規格外農作物を使ったデザート開発など、地域振興の取り組みをアピールした

プレゼンの後、来場者が「最も学びと気づきを得た店舗」に投票し、優勝店舗を決定

プレゼンの後、来場者が「最も学びと気づきを得た店舗」に投票し、優勝店舗を決定

ロビーには、居酒屋甲子園の参加店舗がブースを設置。自店のノウハウをリーフレットなどで紹介

ロビーには、居酒屋甲子園の参加店舗がブースを設置。自店のノウハウをリーフレットなどで紹介

熱心に出場店舗の話を聞く来場者の姿も

熱心に出場店舗の話を聞く来場者の姿も

優秀店長に選ばれた福岡・天神じゃんぼの宮川氏。赤字店舗を復活させた宴会獲得の手腕に注目が集まった

優秀店長に選ばれた福岡・天神じゃんぼの宮川氏。赤字店舗を復活させた宴会獲得の手腕に注目が集まった

同じく優秀店長の東京・やきとりにしだ屋 井荻店の西川氏。活気ある店づくりのポイントを披露した

同じく優秀店長の東京・やきとりにしだ屋 井荻店の西川氏。活気ある店づくりのポイントを披露した

ぐるなびPRO© Gurunavi, Inc.