ぐるなびPOS+にTable Top Order が登場!

飲食店向けのクラウド型のモバイルPOSレジシステム
ぐるなびPOS+(ポスタス)にTable Top Order が登場!

フレキシブルに設置が可能。人員不足の一助に

 ぐるなびが「飲食店業務支援サービス」として提供しているPOSレジシステム「ぐるなびPOS+」。注文からスタッフの勤怠管理、顧客情報の管理まで行える機能を備えているが、このたび、それらの機能に連携して、店のスタッフを呼ばなくてもテーブルの上で簡単に注文ができる「Table Top Order」(テーブルトップオーダー)のサービスを開始した。

 昨今、飲食店業界では人材確保が難しい状況が続いており、スタッフが少なくて接客に十分な時間がとれないということも少なくないだろう。「Table Top Order」は、タブレット端末で簡単に注文できるのはもちろんのこと、例えば目の届かない個室に設置したり、飲み放題の宴会客のテーブルや金曜日のピーク時のみに導入するなど、全テーブルに配置しなくても、様々なシーンで活用できる。そのほか、インバウンドへの対応として、日本語、中国語、英語、ベトナム語を標準装備しており、事前に登録しておけばワンタッチで外国語版へ切り替えが可能。メニュー変更や品切れなどへの対応も随時可能で、オペレーションミスを防ぐことができる。

 また、「Table Top Order」は安定した回線を使用しており、情報処理機能も高いため、注文が集中しても安心して利用できる。万一、何か問題が発生しても、コールセンターが365日対応。無料で専門スタッフが駆け付ける保守サービスも提供している。

 人手不足を補い、店舗によって様々に活用できる「ぐるなびPOS+」の「Table TopOrder」。お問い合わせは、ぐるなびの担当営業、またはサポートセンターまで。

Table Top Order の活用例
ぐるなびPOS+(ポスタス)とは?

カード決済やQRコード決済をワンストップで提供!
「ぐるなびPOS+」と連携するマルチ決済サービス「ぐるなびPay」

 近年、スーパーやコンビニでのキャッシュレスやセルフレジなど、店舗のICT(Internet and CommunicationTechnology)化が加速している。2020年には店舗でのICカードリーダーの設置が義務化される予定だ。

 その流れを汲み、ぐるなびでは「ぐるなびPOS+」と連携できるマルチ決済サービス「ぐるなびPay」の提供を開始した。タブレット端末と専用のIC対応クレジットカードリーダー端末を用いてクレジットカード決済が可能となるほか、中国系の訪日外国人のニーズに応え、QRコードで決済する「WeChat Pay」にも対応している。

 カード決済はVISA、マスターカードなどが使用でき、簡単な操作で決済が完了できる。決済手数料は、業界最低水準の3.24%。複数回払い、高額決済にも対応している。また、「WeChat Pay」では、専用アプリが入ったタブレット端末でQRコードを読み込むだけで決済が可能。「ぐるなびPay」単体でも購入・利用可能だが「ぐるなびPOS+」と連携すれば、注文から会計までスムーズに行え、業務がより効率的になる。

 今後は、電子マネー決済などとも連携する予定で、飲食店の業務を強力にサポートしていく。なお、今なら「スタートキャッシュバック」として、新規申し込みでIC対応クレジットカードリーダー端末の費用をキャッシュバックしている(適用条件あり)。興味のある方は、ぐるなびの担当営業、またはサポートセンターへ問い合わせを。

ぐるなびPay
ぐるなびPay

ぐるなびPRO© Gurunavi, Inc.