築地仲卸による市場見学・体験ツアー参加者募集!

築地魚河岸

【日時】 3月29日(木)10:00~ ※応募締切は3月2日
【対象】 東京近郊のぐるなび加盟飲食店様
【募集】 30名 ※応募者多数の場合は抽選となります
【会場】 築地魚河岸 (東京都中央区築地6-26-1)

 2018年10月に豊洲へ移転することが決定した築地市場(東京・中央区)ですが、国内外の観光客に人気の築地場外市場は今後も変わらずに、その活気や賑わいを継承していきます。

 今回、その築地の「築地魚河岸」にて、「築地と馴染みになる!」をテーマに、イベントの開催が決定。築地仲卸と取り引きのない飲食店がそのきっかけをつくったり、新たな仲卸の開拓の場として、また、技術向上や食文化の継承を目的にしたもので、ぐるなび加盟店であれば無料で参加可能です。今後は定期開催も予定しており、料理人の支援・育成を目指しています。ぜひ、お気軽にご参加ください!(応募締切は3月2日)

築地魚河岸とは

築地魚河岸とは 築地場内市場から移った仲卸を経営母体とする小売店約60軒が入居する生鮮市場。築地市場移転後も、築地の活気と賑わいを継承するために、東京都中央区により2016年11月オープン。施設は小田原橋棟と海幸橋棟の2棟に分かれ、各施設の1階は水産物と青果物の市場となっている。また、小田原橋棟の3階には、キッチンスタジオ、フードコート形式の食堂、イベントスペースが設けられている。

当日のプログラム

  • 【講座】

    築地を活用する際のルール、仲卸と馴染みになるメリットを解説

    築地市場の概要や、様々なルールの紹介のほか、築地の仲卸との具体的な取引方法、仲卸を使うメリットを解説。また、マグロについての目利き、保管、解凍方法など、飲食店のためになる知識を紹介。

    ※内容は変更になる場合があります。

  • 【市場見学】

    仲卸と実際にやり取り!市場見学・体験ツアー

    築地魚河岸1階の市場をスタッフとともに回り、仲卸とのやり取りを体験。様々な店舗を訪れ、仲卸の豊富な知識と経験に触れられるほか、希望に応じて仲卸の紹介も。

築地魚河岸事業協議会 理事長 株式会社 樋栄 代表取締役 楠本 栄治 氏

築地魚河岸事業協議会 理事長
株式会社 樋栄 代表取締役
楠本 栄治

築地場内で昭和2年(1927年)から営業する、マグロ専門仲卸「樋栄(ひえい)」の三代目社長。築地魚河岸事業協議会理事長も務め、築地魚河岸の店舗を取りまとめる。

こんな方におすすめ!
  • お問い合わせ:ぐるなび大学事務局
  •  0120-41-9672(平日10:00~18:00)

ぐるなびPRO© Gurunavi, Inc.