店の理念を体現した逸品が完成

現役秘書の目利きで選ばれた、ビジネスシーンにふさわしい商品を掲載する「接待の手土産 」。その活用法を紹介するとともに、実際に同サービスを利用して売上や認知度アップにつなげた飲食店を取材。サイト掲載の効果や秘書たちによる品評会のメリット、商品開発へのこだわりなどを聞いた。

素朴な味わいが心に残る、店の理念を体現した逸品が完成

[東京・用賀]泉竹
惣菜・お菓子詰め合わせ(4,536円)

惣菜・お菓子詰め合わせ(4,536円) 自家製のちりめん山椒を菓子にアレンジした「ちりめん山椒さぶれ」(左)、大きめの紀州梅を使った「甘露梅のゼリー」(右手前)、「きくらげの山椒煮」(奥左)、「麩のしぐれ煮」(奥右)を詰め合わせに。

難航した新商品の開発。和菓子店の発案が突破口に

 数寄屋造りの風情ある空間が、都会の喧騒を忘れさせる「泉竹(いずちく)」。座敷やテーブル席の個室のほか茶室も備え、会席料理から精進料理、茶懐石まで提供する。料理や空間、接客を含めて“華美にしない”ことが店の理念。静寂のなか、心地よい時間を過ごせる店として、接待や記念日に利用されている。

 そんな同店では、 ……(続きを読む

こちらの記事の続きはPRO for 飲食店の会員様のみ、ご利用いただけます。

ログインして続きを読む

ぐるなびPRO© Gurunavi, Inc.