飲食店物件探し

居酒屋開業の資金目安、準備・手続きと失敗談

居酒屋を開業するには?資金の目安や必要な資格・申請等の手続き、準備の手順などを飲食開業のプロが解説します。分かりやすい失敗例も掲載しておりますので、開業時の参考になさってください。

飲食店開業マニュアル(業態別) 2017/03/14

居酒屋を開業するには?資金の目安や必要な資格・申請等の手続き、準備の手順などを飲食開業のプロが解説します。分かりやすい体験談も紹介します。

居酒屋を開業するには?

居酒屋を開業するのに必要になる資金の目安や資格を解説します。

居酒屋の開業資金目安

居酒屋の開業資金平均のアンケート結果は以下のとおりです。平均は1000万程度で、店舗の規模にもよりますが800万~1200万程度用意しておくといいでしょう。開業資金とは別に当座の運転資金(原材料原価や人件費等)を用意しておくと安心です。

項目 居酒屋 開業資金
平均 目安
初期費用(運転資金を除く) 1063.9 万円 800~1200万円
┗うち物件取得・改装 667.4 万円 500~800万円
当座の運転資金 556.0 万円 400~600万円
※開業資金アンケートを元に作成(2017年1月ぐるなび実施)回答数=323
※ぐるなび加盟店向けに調査

資金目安を考えるには、どの場所で開業するかを決める必要があります。立地によって賃金が大きく変動するので、資金とのバランスを見て、無理のない範囲で決定しましょう。たとえば坪単価が1万5,000円だとしたら、50坪で75万円。仮に保証金が10か月分だとすれば、それだけでも初期費用は750万円を超えます。
居酒屋は小さなスペースでも開業しやすいので、お店のコンセプトに合わせて比較的自由に決めることができます。その点は開業のハードルが低いと言えます。

そして店舗を「スケルトン物件」と「居抜き物件」のどちらを選ぶかも重要です。これによって目安が大きく変わります。スケルトン物件とは内装や設備がない状態のまっさらな物件です。それに対して居抜き物件は、過去に入っていたお店の厨房設備や客席などが残っている状態の物件です。居抜き物件場合は、内装・カウンターやテーブル等が譲渡される場合が多く、自分のコンセプト・イメージに合うかがポイントになります。

内装工事や設備投資の資金を考慮すると、居抜き物件でほぼ設備が整っている場合は30~50万円、買い直す場合は800万円が目安です。

廃業リスクを下げるためにも、半年分の運転資金を用意しておきましょう。居酒屋を開業されたみなさんは、400万~600万程度用意されており、平均値は556万でした。 飲食店開業資金の目安

居酒屋開業に必要な資格・申請

居酒屋などの飲食店を開業するためには、各種資格の取得や届け出が必要です。食品衛生責任者の資格や飲食店営業許可の届け出はすべての飲食店で必須となっています。また居酒屋の場合、深夜0時以降にお酒を提供するのであれば「深夜酒類提供飲食店営業開始届出書」を警察署に届け出る必要があります。
そのほか飲食店を開業するために必要な資格・届け出についての詳しい内容は、こちらのページでご確認ください。 飲食店開業に必要な資格一覧

居酒屋開業の失敗エピソード

居酒屋開業時にありがちな失敗談を、具体的なエピソードで紹介します。居酒屋はとても身近な業種ではありますが、店舗数は減少傾向にあります。せっかく開業するのですから成功するために、失敗エピソードを参考になさってください。

未経験で気軽に始めてしまう

料理好きの方が、趣味の延長線上で居酒屋を開業することは珍しくありません。 ただし、趣味と商売では料理に求められる要素が大きく変わるため、失敗することが多いです。趣味であれば朝からずっと準備できますが、商売だったらオーダー後に早く提供する必要があります。料理が上手さに加えてスピードも求められるのです。
簡単な調理ですぐに完成する定番メニューをいくつか用意しておくといいでしょう。

オペレーションが徹底されていない

原価率の低いドリンクをどれだけ提供できるかが居酒屋運営のカギです。 ウーロンハイやハイボールであれば、原価率は10%を切ることもあります。こうしたドリンクを効果的に出していくためには、グラスの空いているお客様へのこまめな声掛けが必要です。
従業員のオペレーションを徹底して、積極的に「次の一杯いかがですか?」と声掛けするなど、アルバイトやパートへの教育を欠かさないようにしましょう。また、お酒が進むようなメニューを作ったり、居心地がいい空間を作ったりするのもオススメです。

さいごに
居酒屋はお店の個性を出しやすくカスタマイズしやすい自由さがありますが、その一方で競争率が激しいというデメリットもあります。開業時はこうしたメリット・デメリットを考慮したうえで、十分な準備をしてからスタートするようにしましょう。

監修者プロフィール
赤沼 慎太郎
行政書士赤沼法務事務所/アクティス株式会社 代表
行政書士、経営コンサルタント

起業支援、事業再生、事業承継の支援を中核に展開し、資金繰り改善、資金調達支援など、中小企業支援を精力的に行っている。そのコンサルティングは分かりやすく実践的な指導と定評がある。 2010年より税理士、行政書士等の専門家を対象とした財務コンサルティング勉強会『赤沼創経塾』を主宰。他にはない実務に基づいた実践的な勉強会として高い支持を得ている。 著書に 『はじめての人の飲食店開業塾』、『銀行としぶとく交渉してゼッタイ会社を潰すな!』 、『そのまま使える契約書式文例集』(以上、かんき出版)、『「危ない隣の会社」の資金繰り』(すばる舎)等多数。
(運営サイト)赤沼慎太郎公式サイト http://akanumashintaro.com/

飲食店に「特化」した物件を今すぐ探す

関連記事