路面店とは?

路面店は空中店舗など他の店舗形態とどう違うのか、路面店に向いている店舗とはどんな店なのかなど、気になる情報を紹介します。路面店を開業する際に気をつけるべきポイントについても紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

飲食店物件選び

路面店は空中店舗など他の店舗形態とどう違うのか、路面店に向いている店舗とはどんな店なのかなど、気になる情報を紹介します。路面店を開業する際に気をつけるべきポイントについても紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

路面店とはどんな店舗のこと?

路面店とは、車道や歩道に面した店舗のことです。道を歩いている人や車や自動車で移動している人の目に入りやすいため、高い集客力を見込めます。その反面、物件取得費や賃料が高いことがデメリットとして挙げられます。

路面店・テナント店・空中店舗の比較

テナントはビルや商業施設の一部を借りている店舗、空中店舗は2階以上の場所にある店舗のことで、路面店と対照的な店舗形態として語られることが多いです。それぞれのメリット・デメリットを比較してみました。
店舗形態 メリット デメリット
路面店 ・集客しやすい ・家賃が高い
テナント店
(商業施設内)
・商業施設そのものに集客力があり、幅広い層の集客が期待できる ・商業施設のルールに従う必要がある
・テナント料が発生する
空中店舗
(商業施設以外の
建物の2階以上)
・路面店や商業施設内のテナントに比べて家賃が安い ・物件のルールに従う必要がある
・路面店に比べて視認性が低い

路面店に向いている店舗・向いていない店舗とは?

集客が見込めるなら、賃料が高くても路面店にしたい!…といっても、路面に向いている店とそうでない店があります。人通りが多いからといって、路面であればどんな店でも繁盛するというわけではありません。 ここでは、路面店に向いている店舗と向いていない店舗について紹介します。

向いている店舗

路面店の特徴は、階段やエレベーターを使わなくてもスムーズに入店できることです。そのため、子どもからお年寄りまで幅広い客層をターゲットとするファミリー向けのレストランやカフェなどが向いています。また、一人でさっと食事を済ませたい人向けのラーメン店やファストフードなども向いている業態といえるでしょう。

向いていない店舗

路面店はスムーズに入店できるため、子ども連れのお客様にとっても利用しやすい店舗形態といえます。そのため、静かで落ち着いた雰囲気のレストランなど、子どもの入店を控えたい業態の場合は不向きであるといえるでしょう。


路面店開業の際に気をつけること

集客力と宣伝効果の高さなど、魅力の多い路面店ですが、物件を探す時などに気をつけておきたいポイントもあります。 もしあなたが路面店を検討しているのなら、これらのチェックポイントも知っておきましょう。

物件取得費は余裕をもって準備しよう

路面店は、物件取得費がそれ以外の店舗立地に比べて割高になります。カフェやレストランなどの有名チェーン店が路面店に多いのは、強い資本力を持っているからです。毎月の家賃に加えて、保証金も家賃の10カ月分程度かかる場合もあるうえ、さらに仲介手数料も割高になる傾向があり、注意が必要です。

テラス席も慎重に

路面店の場合、競合店との差別化にもなりセールスポイントの1つとなるのがテラス席です。 原則として、テラス席は店舗の敷地内に設置しなければなりません。敷地内に場所がなく、道路上に客席などを設置した上で、継続して道路を使う場合には、道路法32条に基づいて道路管理者の許可が必要になります。しかし許可を得ることは簡単ではありません。テラス席を設置したい場合は、敷地内に場所が確保できる物件を探すようにしましょう。 参考:電子政府の総合窓口、道路法(昭和二十七年六月十日法律第百八十号)

立て看板の設置場所に気をつけよう

路面店であれば、店先に立て看板を設置しようと考える人も多いことでしょう。とはいえ、自分の店に入店させることだけを考えて設置するわけにはいきません。道路交通法により、立て看板を道路上に設置することは、原則として禁止されています。しかし、都道府県ごとの屋外広告物条例に定められている条件に適合する場合は、事前に許可申請をすることで設置が可能です。
詳しい内容は「立て看板作り方」をご覧ください。 立て看板作り方
さいごに
路面店は家賃が高いイメージもありますが、目指す業態とターゲットさえ明確であれば、大きな集客力につながります。慎重かつ、店のコンセプトがブレないようにして、理想の物件と出合ってください。

関連記事・コンテンツ