路面店のメリット・デメリット、集客術まとめ

路面店のメリット・デメリットから集客術まで、路面で出店する上で、知っておきたい情報を紹介します。

飲食店物件選び

皆さんは「路面店」と聞いてどんなイメージを描きますか? 今回は、メリット・デメリットから集客術まで、路面で出店する上で、知っておきたい情報を紹介します。

路面店とは

路面店とは、広く言えば「通りに面した店」で、人通りが多い場所にあるため一般的に高い集客力が見込めるる分、家賃が高いのが特徴です。 また路面店と対極をなす言葉として空中店舗や地下店舗などがあります。 商業施設以外の建物の2階以上にある店舗のことを空中店舗、地下1階以下にある店舗のことを地階店舗といいます。

空中店舗・地下店舗との比較

路面店と空中店舗・地下店舗の特徴を比較しました。
形態 主な特徴
路面店 ・集客しやすい
・家賃が高い
空中店舗
(商業施設以外の建物の2階以上)
・路面店に比べ家賃が安い
・物件のルールに従う必要あり
・視認性が低い
地階店舗
(商業施設以外の建物の地下1階以下)
・路面店に比べ家賃が安い
・物件のルールに従う必要あり
・視認性が低い
・外から店舗の様子がわかりづらい

路面店のメリットは?

それでは、路面店のメリットについて紹介しましょう。路面店の家賃が割高というのは事実ですが、メリットも多くあります。

集客力が高い

空中店舗や地下店舗と比べると、確かに家賃は高いのですが、エリアや立地によっては家賃の高さ以上の集客が見込めるケースもあります。

宣伝効果が高い

常に人通りがある場所で看板を出しておけるため、初めてその場所を通った人に対しても訴求効果が高く、より多くの人に店の存在を知ってもらうことができます。

店づくりの自由度が高い

店先に花の寄せ植えを置くなど外観を含めた店づくりの自由度が高いため、競合店との差別化がしやすくなります。

路面店のデメリットとは?

次は路面店のデメリットについて見てみましょう。

費用・賃料がかかる

路面店は、保証金や家賃も割高になります。 それらの経費に見合う利益を上げることが前提となりますので、事業計画をしっかり立てることが重要です。もちろん、撤退時には原状回復費や解約までの期間の家賃などの費用がかかることもお忘れなく。

場所選びが大変

人気のエリアほど、店舗取得が困難になります。つまり、出店するための資金があっても肝心の物件が見つからなければ出店できないということです。人通りの多い場所に路面店を出そうとするのであれば、いい物件と出合うまでに時間を要する可能性があるということも考慮しましょう。

必ず儲かる保証はない

賃料の高い路面店に出店したからと言って、必ず集客できるという保証はありません。たとえば、駅から離れているのに駐車場がないとか、大通りだけど車を停めにくい場所にあるなど、お客様が来店する際の交通手段を考えておかないと、いくら路面店であっても高い集客は望めないことを知っておきましょう。


立地と集客術

最後に、路面店の場所の選び方と集客術について紹介しましょう。

路面店の場所選び

路面店の場所を検討する場合、候補エリアに普段「どんな人」が「どの時間帯」に「どんな目的」で通る(やって来る)かを考えましょう。つまり、あなたの店が誰をメインターゲットにしているのかです。それらを明確にすることで、場所も選びやすくなりますし、メニューも決めやすくなります。カップル、ファミリー、サラリーマン、グループ客、主婦層など、照準を明確にしてふさわしい場所を選びましょう。 もちろん、その周辺に競合店があるかどうかも影響しますし、目星をつけた場所のことをあなた自身が熟知しておく必要があります。そのためにも、その場所の周辺を実際に歩いて自分の目と足で調べてみましょう。平日と休日のいつ頃の時間帯にどの層が多いのかなど、お客様の目線で感じることが大切です。

路面店おすすめの集客術

路面店の強みである「通りすがりの人を呼び込める」点に注目して、下記のような集客術が考えられます。

  • ・看板の工夫・・・店名、看板メニュー、価格などがわかるものなどを入れ、初めて見た人にどんな店かがわかるようにしましょう。
  • ・チラシの配布・・・店のセールスポイントがわかるチラシを配り、より多くの人へ知らせましょう。
  • ・イベントの実施・・・キャンペーンなどイベントを実施してまずは入店してもらいましょう。

この他にも、いろいろな工夫ができるでしょう。
絶対的な集客術はありませんが、まずは、あなたが目指すイメージに近い店や、あなたが魅力を感じて「行きたい」と思った繁盛店を視察し、実際に飲食をしてみることをおすすめします。なぜあなたがその店に惹かれたのか、お客様がなぜその店を支持しているのかなどを知ることで、自分の店に合った集客術が見えてくるかもしれません。いくつかタイプの違う店を視察することで、共通項やヒントをつかめる可能性があります。

さいごに
路面店ならではのメリットやデメリットなどが見えてきたのではないでしょうか。いずれにせよ、店のコンセプトや店舗規模にフィットした物件を、慎重に選ぶことをおすすめします。

関連記事・コンテンツ