内部造作工事とは?

内部造作工事とは、建物の基礎工事や骨組み、屋根や外壁工事などを終えたあとに大工が行う仕上げの前段階の工事のこと。住宅だけでなく店舗のリフォームやスケルトン物件の内装工事でも行う大事な工程です。内装の出来を左右する内部造作工事について説明します。

飲食店物件選び

内部造作工事とは、建物の基礎工事や骨組み、屋根や外壁工事などを終えたあとに大工が行う仕上げの前段階の工事のこと。住宅だけでなく店舗のリフォームやスケルトン物件の内装工事でも行う大事な工程です。内装の出来を左右する内部造作工事について説明します。

内部造作工事とは?

内部造作工事とは、住宅の基礎工事や骨組み、屋根、外壁工事など全体的な構造が出来上がったあとに、主に大工が仕上げの前段階として行う工事のことです。例えば、住宅の内壁ではクロス張りや塗装が「仕上げ」となりますが、その前に下地を造り、壁材を張り付けて下準備していくのが内部造作工事にあたります。他にもドアやふすまなどの内部建具、スイッチやコンセント、造り付けの棚や家具、階段など、造作の種類は多岐にわたります。

新築住宅に限らず、店舗のリフォームや内装工事でも必要な工程で、施主や経営者自らが内部造作工事を行うこともあります。内装の出来や店舗の使いやすさに関わる大切な工事なので、工程をしっかりとチェックしておきましょう。


内部造作工事の手順

内部造作工事がどのような手順で進められるか説明します。

壁の造作工事

屋根や断熱材の工事が終わったら壁の造作工事に取り掛かります。
まず間取りに合わせて壁の下地となる間柱や胴縁を組み立て、次に電気の配線や配管を固定します。その上から石膏ボードなどの壁材を下地に固定します。木造の場合は下地にビスなどで壁材を固定しますが、ビルなどのコンクリート構造の場合は下地を組み立てずに専用の接着剤を使用して固定していくやり方もあります。またLGSと呼ばれる軽量鉄骨を下地とする方法もあり、テナントビルのリフォームなどにも良く使われています。壁に造り付けの飾り棚やカウンターなどを設置したいときは、強度の高い合板を使用するとよいでしょう。
壁の造作工事の際にスイッチやコンセントの位置も固定するため、使いやすい高さや設置場所を事前に指定しておきましょう。

天井の造作工事

壁の造作工事と作業はほぼ同じで、木造の場合は天井の下地となる野縁(のぶち)を組み立て配管や配線などを固定したあとに、石膏ボードなどを野縁に固定して天井を造ります。コンクリート構造の場合も壁の工事とほぼ同じですが、店舗の雰囲気に合わせてコンクリート打ちっぱなしにする際には配管や配線、設備機器などの固定のみを行います。
照明やスクリーンなどを天井から吊るす場合には、強度の強い構造用合板を使用するのが一般的です。コンクリートパネル(コンパネ)も強度が非常に高く衝撃にも強いのですが、石膏ボードに比べて湿気に弱く燃えやすいので、使う場所が限られます。
また、天井には照明やエアコン、火災報知器、換気口などの機器を設置するので、内装の雰囲気が崩れないような設置場所・方法を事前に打ち合わせしておきましょう。

床の内部造作工事

床をフローリング施工する場合の造作工事は、まずパーティクルボードなど厚みのある板材で下地の床を造り、その上にベニヤ板や構造用合板を張っていきます。壁や天井と同じく、板材を張る前に設備機器や配線、配管などを固定してからの作業となります。
コンクリート床の上にフローリング施工する場合には、下地を組まずに専用接着剤のみで張ることができる直張り用の板材もあります。ただしコンクリートの製造には水が使用され、固まった後2~5年くらいかけて水分が蒸発していく性質があります。また気密性が高く、結露やカビが発生しやすいというデメリットがあるため、湿気対策などをしっかり行って歪みが出ないように注意する必要があります。

その他の内部造作工事

壁や天井の工事以外にも、必要があればさまざまな造作工事を同時に行います。
テナントビルなどの店舗であれば、造り付けのバーカウンターやテーブル、飾り棚や食器棚なども造作工事で設置してもらうことが多く、店舗内の全体的な雰囲気や動線を考えて希望の造作を依頼しましょう。

ときどき現場を視察しに行く

店舗の造作工事をリフォーム会社などに依頼した場合は、工事過程を確認するために定期的に現場へ足を運び、店内の様子をチェックしましょう。造作工事が進むと内装全体の雰囲気がはっきりとわかるようになり、そこで改めて変更したい点が出てくる場合もあります。変更したいときにはすぐに依頼することで費用を抑えられるので、できるだけ多く現場へ視察に行くことをおすすめします。
また、この時点で店内の間取りを変更することは非常に難しいですが、定期的に訪れることで迅速に対処することが可能となります。

さいごに
内部造作工事は、店舗のリフォームやスケルトン店舗の内装工事には欠かせません。内装の雰囲気やお客様の動線、スタッフの働きやすさにも影響する工事なので、しっかりと完成まで見届けてよりよい店舗づくりを目指しましょう。

関連記事・コンテンツ