フランチャイズのメリット・デメリットを解説します

飲食店を始める場合、フランチャイズという選択肢もあり、もちろんメリットもデメリットもあります。仕組みや業種について詳しく解説します。

飲食店経営

飲食店を始める場合、フランチャイズという選択肢もあります。フランチャイズに対してはさまざまなイメージをお持ちだと思いますが、もちろんメリットとデメリットがあります。あなたがやりたい業種・業態は、もしかするとフランチャイズの方が有利な場合もあるかもしれません。
ここでは、フランチャイズの内容について詳しく解説します。仕組みや業種などについてぜひ参考にしてください。

フランチャイズ(FC)とは?

そもそもフランチャイズとは一体どんなものなのでしょうか。ここではその仕組みについて解説します。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは、独立して開業を希望する人が、飲食店やコンビニなどの業態を運営する企業の看板を借りて「加盟店」として営業をすることです。例えば、未経験の人がいきなりラーメン屋を始めようとしても、そこには、ノウハウや資金、設備など多くのハードルがあります。そこで、あるラーメンチェーンを運営する「本部」が、開業に必要な要素(仕入れ、集客、商品開発など)をパッケージにして希望者に貸与し、ある程度の成功事例をベースにして運営することで成功率の高いビジネスを可能にします。加盟店は、本部へロイヤリティーを支払うことになりますが、何よりも既にあるブランド力で商売できるメリットがあります。

フランチャイズの業種

ひとくちにフランチャイズと言っても、実にさまざまな業種があります。コンビニなどの小売業、レストランやカフェ、ファストフードや居酒屋などの飲食業、ヘアサロンやフィットネス、パソコン教室などのサービス業の他、介護業や教育業など、私たちが関わらない日がないほどに一般的なものとなっています。

フランチャイズ加盟・開業までの流れ

それでは、フランチャイズに加盟するための手順について見てみましょう。ここでは、ラーメン屋を例にとって解説します。言うまでもなく、これはあくまでも一例であり、必ずしも一般的な方法とは限りません。ある程度の基本は共通ですが、開業方法は業種・業態によって違いますのでじっくり調べましょう。

  1. 資料請求
    Webサイトなどから必要事項を入力して資料を請求しましょう。

  2. 店舗見学・個別相談
    希望する日時に、実際に店舗の見学や相談ができます。

  3. 審査申し込み
    選考の前に、事前審査を受けることができます。

  4. 加盟選考・法定開示
    加盟の意思が固まったら、役員面接で説明を受けます。

  5. 立地開発
    加盟申込後、開業を希望する地域が精査されます。

  6. 店舗紹介
    各種調査結果に基づいた適正立地への提案を受けます。

  7. フランチャイズ加盟契約
    物件契約完了後、フランチャイズ加盟を締結します。

  8. 研修
    研修センターと店舗で調理や接客などの実践研修を受けます。

  9. 開店準備
    許認可の申請や工事発注、物件の引き渡し、従業員採用、食材発注などです。

  10. 広告宣伝
    出店へ向けて折込チラシやビラまきなど宣伝活動を行います。

  11. 開店
    本部スタッフのサポートを受けて、オープンします。




フランチャイズのメリットとは?

ここでは、フランチャイズに加盟することによる主なメリットを紹介します。

ノウハウの取得

自分の知識や技術、経験だけで出店するのも一つの方法ですが、経営を軌道に乗せるまでのスピードと成功率アップを目指すなら、本部が持つさまざまな事例とノウハウを提供してもらえるフランチャイズも検討してみましょう。これらは、フランチャイズへの加入で得られる最も大きなメリットと言えるでしょう。

本部からのサポート

本部による支援もまた、フランチャイズならではの特長と言えます。開業前には研修が、開業してからは経営支援や社員育成など、さまざまなサポートが受けられるので、初めて店を持つ人には特に心強いはずです。

ブランド力

やはりフランチャイズのメリットと言えば、有名なブランド名による集客力でしょう。オーナーの目指す方向にもよりますが、知名度・信頼度は武器の一つです。

フランチャイズのデメリットとは?

ここからは、フランチャイズの主なデメリットを紹介していきます。両方を知ることは、判断のヒントになります。

個性を打ち出しにくい

当然ですが、独自性を打ち出しにくくなります。たとえば何か新しい取り組みを行いたいときに本部の確認が必要なこともあります。その結果、ブランドのイメージに合わないことはできない可能性が高いでしょう。

加盟金・ロイヤリティーの支払い

加盟店は大きなメリットを受ける代わりに、本部に対してロイヤリティーを支払うことになります。これは、権利へ支払われる対価のことで、ロゴの使用や商品に対する販売権利、ノウハウの提供への支払いを指します。金額は各企業、ブランドによって違いますが、一般的には歩合制、粗利益配分制、定額制の3パターンがあります。

契約期間と競合避止義務

フランチャイズ契約には期間が決められています。もしも何らかの自己都合で閉店する場合には違約金が発生することがあります。また「競合避止義務」という契約で、契約終了後に同じような業種業態での営業が禁止されています。こういった基本的かつ重要な規則についても加盟前に確認しておきましょう。

契約トラブルの留意点

ここでフランチャイズ契約において起こりやすいトラブルを紹介します。

予測の売上を達成することができないケース

開業後、目標とする売上に達しないこともあるでしょう。その際、人件費などの必要経費に加え、ロイヤリティーを支払うことが困難になることもあります。開業前からある程度の運転資金を貯めておく、ローリスクな経営を心がけましょう。

開店が実現しなかったのに加盟金が返還されないケース

たとえば、店舗物件を決める前に契約を締結してしまい、開店できていないにも関わらず加盟金と同じ位置づけの支払いが生じて返金されない場合があり、トラブルとなることもあります。契約前に、開店できなかった場合の返金条件についても確認しておきましょう。

自分の店の商圏内に同一チェーンの店舗が開店したケース

よく見られる超近接区域での同系列コンビニの出店など、自分の店の商圏内に同一チェーンの店が開店してしまう場合がありますが、これを保障する権利を「テリトリー権」といいます。念のため、契約時にテリトリー権が保証されているか確認しましょう。

さいごに
フランチャイズは、これから初めて飲食店を出店しようという人にとっては比較的始めやすいスタイルかもしれません。その際には、メリットもデメリットも考慮して決断してください。

関連記事・コンテンツ