空中階店舗の集客術・マニュアル

空中階店舗とはビルの2階以上にある店舗のこと。路面店と違い、目につきにくいので集客が難しいとされていますが、ポイントを押さえれば繁盛店にすることも可能です。ここでは空中階店舗の集客術を紹介します。

飲食店物件選び

空中階店舗とはビルの2階以上にある店舗のこと。路面店と違い、目につきにくいので集客が難しいとされていますが、ポイントを押さえれば繁盛店にすることも可能です。ここでは空中階店舗の集客術を紹介します。

路面店に負けない集客方法とは

飲食店経営で大切な戦略のひとつが店舗の“立地”です。人気が高いのは都市部の路面店やオフィスビルの1階などで、交通量が多く通行人や車のドライバーから目につきやすい立地は特に集客力が高いといえます。
それに対し、オフィスビルや雑居ビルの2階以上にある“空中階店舗”は、路面店よりも家賃などが安く抑えられますが、集客力が劣ります。ただし、空中階店舗でもポイントを押さえて戦略を立てれば、路面店に負けない集客が十分に見込めます。

外からお店の外観が見えるようにする

空中階店舗は路面店に比べ視認性が低いため、まずは通りを歩く人たちにお店の存在を見つけてもらわなければいけません。空中階でも通行人から窓が見える立地であれば、照明やカッティングシート、POPなどを使って目に留まるような工夫をしましょう。
また、お店を見つけたとしても、何のお店なのかが伝わらなければ集客にはつながりません。窓や外観、看板などを利用してお店の情報や雰囲気を伝え、立ち寄りやすい工夫をすることが大切です。

WEB集客に力を入れる

空中階店舗は店内が見えにくいというマイナスポイントがありますが、WEBを上手に活用することでその点を補うことができます。例えば、店内の雰囲気やコンセプトを伝えられるホームページの作成や、広告媒体の活用なども効果的です。このように、媒体を利用した集客は重要な経営戦略のひとつとなっています。

浮いた初期費用をコンセプトづくりに充てる

空中階店舗の最大のメリットは、家賃の安さです。路面店を借りるよりも費用を抑えられる場合が多く、その分をお店のコンセプト強化や販促費に充てることができます。
例えば、浮いた費用を使って内装やメニュー、食材などに力を入れることで、より集客力の高い独自のコンセプトを打ち出すことが可能となります。他店との差別化は、新規客の獲得やリピート率の向上につながります。
また、立て看板やWEB広告などに費用を使うことで、空中階のデメリットである集客力の低さをカバーすることもできるでしょう。

SNSを活用する

多くの人が利用しているSNSの活用は、集客率を上げるためにとても有効な方法です。
SNSの運用を始めたら、まずは常連客に登録を促しましょう。お店の休日情報や新メニュー、季節ごとの特色などを発信することで、常連客のリピート率を上げているケースも多くあります。また、FacebookのシェアやTwitterのリツイート機能を使って常連客がお店の情報を発信してくれることで、新規客の獲得にもつながりやすいです。
SNSを利用する際には定期的に発信することが最も大切です。空中階で見えにくいお店の内装や雰囲気、メニューなどを“見える化”するツールとしてSNSを活用していきましょう。

近所の同業者に挨拶に行く

同じビルや近隣のビルのテナントに挨拶へ行くのも効果的です。クーポンや割引券などを一緒に配ることで、営業終了後のスタッフやアルバイトが食べに来てくれることを狙います。深夜営業をする飲食店であれば、近隣のスナックなどに挨拶へ行くのもよいでしょう。スナックなどであれば、そのお店のお客様に自店を紹介してもらえる可能性もあります。
また、同じビルのテナント同士だと来店しにくい場合もありますが、「食べに来てくださいね」と声をかけておくことで気軽に寄れる雰囲気づくりにもつながります。
一度だけでなく定期的にクーポンを配ったり、食べに来てくれた相手が飲食店関係者であればこちらも食べに行ったりするなどして、常連になってもらえるように工夫しましょう。


空中階店舗の選び方

空中階店舗は路面店に比べ集客が難しいため、初めて開業する場合には向いていないとされます。しかし、しっかりと物件を見極めることで、路面店に引けを取らない集客も可能です。空中階ならではの物件選びのポイントを紹介します。

良い店舗の条件

空中階店舗でも集客を見込める良い物件の条件は以下の通りです。

入口や階段の間口が広く上の階へ登りやすい

間口が狭いと圧迫感を与え、入りにくくなってしまいます。入りづらい印象を与えないような、間口の広い店舗を探しましょう。

1階の店舗が流行っている

1階の店舗が繁盛していると、空中階でも店や看板がお客様の目にとまりやすく、1階の店舗に入れなかったお客様が来店してくれる可能性もあります。ビル全体の集客力が高ければなお良いです。

通行量が多い歩道から店舗の窓が見える位置にある

通行量の多い通りに面している物件や、通行人が見上げたときに店舗の窓が見える物件は、お店を見つけてもらいやすくなります。

3階以上の店舗の場合、エレベーターが設置されている

2階や地下1階であれば階段利用が多いですが、3階以上の場合はエレベーターの有無が集客に影響します。

あまりよくない店舗の条件

次に、空中階店舗にあまり適さない物件の条件を見ていきましょう。

入口や階段がわかりにくい

どこから入っていいかわからない店舗は、通行人がふらっと立ち寄る確率が低くなります。どこから入るかわかりづらい店舗になった場合は、看板をうまく使いましょう。

通行人から見えにくい物件

ビルの看板が小さい、通りから見えにくい裏路地にある、ビルの入口が狭いなど、通行人がビル自体を認識しにくい物件は集客のハードルが高くなります。

さいごに
空中階店舗には、路面店にはない隠れ家的な雰囲気や窓からの眺めなど、独自の強みもあります。集客方法のポイントやよい物件選びの条件を押さえて、路面店にも負けない集客力のある飲食店にしましょう!

関連記事・コンテンツ