飲食店物件探し

閉店のお知らせ・告知の書き方と例文

飲食店の閉店が決まったら、お客様や取引先へのお知らせが必要です。閉店のお知らせの書き方のポイントや例文を紹介します。告知をいつすべきかについても記載しています。

廃業・閉店マニュアル 2017/08/09

飲食店の閉店が決まったら、お客様や取引先へのお知らせが必要です。閉店のお知らせの書き方のポイントや例文を紹介します。告知をいつすべきかについても記載しています。

閉店のお知らせ・告知にはどんな方法がある?

閉店のお知らせでは、閉店の事実を伝えるだけでなく、店をひいきにしてくれたお客様や、店づくりに関わっていた取引先などに感謝の気持ちを伝えたほうがよいでしょう。 店の歴史を良い形で締めくくるための、閉店のお知らせ・告知の書き方と例文について紹介します。

張り紙

店頭の張り紙は貼ってあるだけで意外と目立つので、「何だろう?」と近づいて見る人もいて、店の前を通りがかる人たちに広く告知できるメリットがあります。
そのため、店頭の張り紙は必ず掲示しましょう。
また、店内や店頭の張り紙は、なるべく手書きにしましょう。
手書きは印象に残りやすく、店主の思いも伝わりやすいからです。

はがき・手紙

はがきや手紙は、遠方の多くのお客様にも、閉店を知らせることができます。
また、張り紙と違ってはがきや手紙は手元に残り思い出になります。
閉店を決めた時に頭に思い浮かんだお客様がいたのなら、その人達にはがきや手紙を出してみてはいかがでしょうか。基本の文面は共通でも良いですが、個別メッセージを一言手書きすると、感謝の気持ちがより伝わるはずです。

お店のホームページ・メール通知

お店のホームページは、実店舗を閉店後もしばらく残し、トップページなどに挨拶文を載せておくと良いでしょう。
他の方法よりも長期間人の目に触れるので、久しぶりの来店を予定していた人、宴会シーズンだけ予約していた人などにも幅広く告知することができます。
また、お店の会員や、取引先の方々など、お店のメールアドレスを知っている人達に向けても失礼がないように、必ず閉店の通知メールを送りましょう。

何を記載すればいいの?

閉店のお知らせには、どんなことを書けばいいのでしょうか?
必ずしも形式にこだわらなくて良いのですが、常識をふまえた書き方をしつつ、店主の気持ちが伝わる書き方のポイントを抑えましょう。

必ず記載すべき項目

閉店のお知らせに必ず記載すべき項目は、次の3つです。
伝わりやすく、3部構成で組み立てると、端的で分かりやすい文章になります。

閉店の事実

閉店の事実を伝える文章は、「○○(店名)は、○月○日を持ちまして、閉店することとなりました」などが一般的です。
業歴の長い店の場合は、「約○年の間、営業を続けてまいりましたが、○月○日を持ちまして・・・」といったように営業年数を付け加えてもよいでしょう。

閉店日

閉店日を書くのは当然のことですが、店を閉めるまでに断続的に営業する場合は、何日なら店が開いていて、店主がいるのかどうかも書き添えましょう。

感謝の言葉

締めくくりは感謝の言葉です。
定型文がいくつかあるので後ほど紹介しますが、ここは、多少文章が崩れても、心からの感謝の気持ちを伝えた方が良い部分です。
自分なりの言葉を考えてみましょう。

形式的な文章にする場合

形式的な文章にする場合、「拝啓」などの頭語、「○○の候」などの時候の挨拶、「敬具」などの結語などを記載する必要があります。より丁寧で格式ある印象を与えることができます。

例文を参考にしてみよう

記載する項目はわかっても、いざ文章にするのはちょっと難しいという人は、以下に紹介する例文を参考にしてみてはいかがでしょうか?

一般的な理由で閉店する場合

次の例文は、張り紙などに適した書き方で、閉店の理由を明かさずにお知らせする場合に使えます。幅広い状況に対応できますが、特にお世話になった人には、手紙などでお知らせすることも検討しましょう。
----------
閉店のお知らせ
いつもご愛顧いただき、ありがとうございます。
このたび○○(店名)は、〇年〇月○日をもちまして、閉店することとなりました。
これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。

店主○〇
----------

健康上の理由で閉店する場合

次の例文は、健康上の理由で閉店することを、具体的な病名などは明かさずに、さりげなく伝えたいときに使えます。
体調を崩しているなかでの閉店作業はとても大変ですが、お客様をびっくりさせないように、あまり重いトーンで書かないことが大切です。
----------
閉店のお知らせ
長年ご支援くださいまして、誠にありがとうございます。
さて○○(店名)は、健康上の理由により○年〇月〇日をもちまして、閉店することにいたしました。
皆様より格別のお引き立てを賜りましたこと、厚くお礼申し上げます。

店主○○
----------

形式的な文章(一般的な理由)

次のような形式的な文章は、はがきで知らせる場合に適しています。
はがきを送る相手にも色々な事情がありますから、形式的な文章を用いることで相手のことも気遣いつつ、閉店の事実を伝えることができます。
----------
拝啓 ○○の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素よりひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
さて、この度○○(店名)は諸般の事情により、○年〇月○日をもちまして閉店することとなりました。
これまで皆様より頂戴したご支援ご愛顧に、心から感謝申し上げるとともに、
皆様のますますのご健勝をお祈り申し上げます。
まずは略式ながら、書中をもちましてご挨拶とさせていただきます。
敬具
○年〇月
住所
電話番号
店名
----------

告知はいつすべき?

閉店のお知らせはいつどんなタイミングで行うべきでしょうか?
お客様の立場から考えると、できる限り余裕をもって告知することが望ましいです。

閉店の1~2か月前

張り紙・はがき・手紙・ホームページによる告知のタイミングは、閉店の1~2ヵ月前に行うのが一般的です。
第1の理由として、閉店の知らせを受けて、「もう一度あの料理を食べたい」「店主にひとこと挨拶したい」と思ってくださるお客様がいますので、都合の良い日に来店してもらうために2ヵ月程度の余裕があるとよいでしょう。

また、ボトルキープをしているお客様に来店して飲んでいただくか、ボトルを手渡しするためにもそれくらいの期間が必要です。
どうしてもギリギリの告知になってしまう場合は、遅くとも閉店2週間前には張り紙を出し、複数の告知方法を使うなど、短期間でも情報が広く届くような対策をしましょう。

会計時に手渡し

はがきサイズなど小さめの閉店のお知らせを作り、会計時に手渡すと、「この店はお客さんを大切にしていたのだな」ということが伝わります。
一人ひとりと言葉を交わす時間も作れるので一石二鳥です。
閉店時にお客様からかけてもらった言葉は、店主にとってはヒントが詰まっていて、再び飲食店の経営をするときにきっと役に立つはずです。

SNSを通じて閉店のお知らせをする

面と向かっては話せないけれど、SNSなら雄弁に語れる、という人は経営者にもお客様にも多くいます。
インスタグラムやTwitter、Facebookなどで情報発信を行っていたのであれば、突然アカウントを閉鎖するのではなく、最後の営業日の様子なども報告して明るく締めくくるのがおすすめです。

また、地域の商店街などには振興組合があり、最近は組合がSNS上で積極的な情報発信を行っていることがありますので、SNSのアカウントを持っていない人は、振興組合で閉店のお知らせを発信してもらえないか、相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ
閉店のお知らせの書き方や例文をご紹介しました。
いちばん大事なことは、お客様などに閉店の事実をきちんと伝えることと、ご愛顧に対する感謝の気持ちを込めて書くことです。
形式にこだわりすぎず、お客様から見て「この店らしいな」と思えるような自然な文体を目指し、ともかくペンを走らせてみてください。

監修者プロフィール
赤沼 慎太郎
行政書士赤沼法務事務所/アクティス株式会社 代表
行政書士、経営コンサルタント

起業支援、事業再生、事業承継の支援を中核に展開し、資金繰り改善、資金調達支援など、中小企業支援を精力的に行っている。そのコンサルティングは分かりやすく実践的な指導と定評がある。 2010年より税理士、行政書士等の専門家を対象とした財務コンサルティング勉強会『赤沼創経塾』を主宰。他にはない実務に基づいた実践的な勉強会として高い支持を得ている。 著書に 『はじめての人の飲食店開業塾』、『銀行としぶとく交渉してゼッタイ会社を潰すな!』 、『そのまま使える契約書式文例集』(以上、かんき出版)、『「危ない隣の会社」の資金繰り』(すばる舎)等多数。
(運営サイト)赤沼慎太郎公式サイト http://akanumashintaro.com/

「飲食店の売却相談をする(無料)」

関連記事