新着のお知らせはありません

1 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

1

2 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

3 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

4 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

5 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

6 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

7 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

8 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

9 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

10 - 【カフェ・スイーツ・モダン、落ち着きの内装デザイン】nana's green tea 天王寺Mio店

10

カフェ・スイーツ

nana's green tea 天王寺Mio店

  • モダン
  • 落ち着き

コンセプト

わび」という言葉は、動詞の「わぶ」(「気落ちする・つらいと思う」などの意)から出た言葉で、「さび」は動詞「さぶ」(「古くなる・色あせる」などの意)から生まれた言葉である。「わび」という言葉の根元には「思い通りにならないつらさ」があり、「さび」という言葉は「生命力の衰えていくさま」という意味がある。また、わび茶の祖といわれる村田珠光は、「月も雲間のなきは嫌にて候」という文章を残した。そこででは珠光の創造した、不足の美の空間を再現しようとした。実際には、下地材として使われるOSB材やコンクリートブロックなどを意匠材として用いることで、未完のものこそ美しいという日本人の美意識を表現した。

続きを読む

データ

住所 大阪府大阪市
最寄駅 天王寺駅
坪数 27.5坪
デザイン担当 吉田昌弘、石井 嘉恵

この内装デザインを手がけた会社

住所 東京都港区東麻布2-32-10 東麻布SSビル4F
業務範囲 設計
対応エリア 東京都、大阪府、広島県、愛媛県、福岡県

この会社の他の内装デザイン