新着のお知らせはありません

知恵とアイデアでリニューアルを実現!低予算なのにオシャレな空間作り

約10名まで対応できる個室 - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町

約10名まで対応できる個室

クラフトバーボン「メーカーズマーク」の販促品を活用した壁 - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町

クラフトバーボン「メーカーズマーク」の販促品を活用した壁

かつてワインボトルが多く並んでいたという店内の棚 - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町

かつてワインボトルが多く並んでいたという店内の棚

元スタッフが描いたというアート作品のようなイラスト - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町

元スタッフが描いたというアート作品のようなイラスト

ジャパニーズウィスキー「白州」の蒸溜所をテーマにした店舗外観のイラスト - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町

ジャパニーズウィスキー「白州」の蒸溜所をテーマにした店舗外観のイラスト

三田にある「HIGHBALLBAR 田町 LENTEZZA」の店舗外観 - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町

三田にある「HIGHBALLBAR 田町 LENTEZZA」の店舗外観

JR「田町駅」、都営三田線の「三田駅」から徒歩5分圏内、すぐ近くには慶応大学のキャンパスも広がっている芝エリア。数多くの飲食店がひしめくこのエリアの中で、手作り感あふれる個性的な外観が印象的なハイボールバー「HIGHBALLBAR 田町 LENTEZZA(レンテッツァ)」は天然水と特製氷、強炭酸にこだわり、40種類以上のウィスキーを取り揃えているというハイボール専門店です。

実はこのお店は以前までワインの品揃えが豊富なイタリアンレストランとして界隈でも知られた存在でしたが、オープンして12年という期間を経てリニューアルを決断。リニューアルにあたっては業種の見直しを行い、2017年9月にハイボール専門店へと生まれ変わっています。今回はリニューアルオープンにあたって大きく変化したという個室を中心に、「HIGHBALLBAR 田町 LENTEZZA(レンテッツァ)」の改装事例をご紹介します。

ここがポイント1

おすすめのウィスキーをテーマにした個室!販促品を上手く活用して内装一新

約10名まで対応できる個室 - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町
ワイン好きのためのイタリアンレストランからハイボール専門店へ。改装によって最も劇的に変化した場所という個室は、ビビッドな赤とダークなブラックが融合したオリジナリティ溢れる空間。よく見てみると個室の床も赤にペイントされ、テーブルや椅子も同じ色調で統一されています。また、個室の壁には手描きのイラストが描かれ、個室のデザインに独特の味わいを与えています。

実はこの個室の内装は酒類メーカーの販促品を上手く活用しつつ、元スタッフのイラストセンスが存分に活かされたものとなっています。業種のコンセプトに合わせ、おすすめのクラフトバーボン「メーカーズマーク」の販促ポップを壁に大胆に貼りつけ、美味しいハイボールが飲みたくなるシーンを演出。さらにアート作品のような個性的なイラストが随所に描かれることで、唯一無二の雰囲気を創り出しています。
(販促品を活用した壁やアート作品のようなイラストが描かれた壁の写真は、ページ上部の画像一覧よりご覧いただけます)

ここがポイント2

手描きイラストは店舗外観にも!人気のジャパニーズウィスキーを上手く訴求

ジャパニーズウィスキー「白州」の蒸溜所をテーマにした店舗外観のイラスト - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町
また、個性的な手描きイラストが作り出す雰囲気は、店舗の外観部分にも活用されています。入口横の壁には人気のジャパニーズウィスキー「白州」の蒸溜所の景色が描かれ、豊かな自然と天然の水が時間をかけて生み出す、ウィスキーという商品の魅力を訴求しています。

ハイボール専門店だからこそ、ウィスキーが美味しく飲めるシーンに最もこだわった雰囲気作りを行い、ウィスキーの楽しさを個性的に伝える。そんな改装にあたって驚いたのは、これら内装のリニューアルにかかったという金額の部分です。なんとメーカーが提供する販促品の活用や元スタッフの協力などにより、数十万円規模でこの改装を実現できたとのことでした。

ここがポイント3

棚や椅子、テーブルも以前のものを活用!ワインボトルがウィスキーボトルへ

かつてワインボトルが多く並んでいたという店内の棚 - 【バー・バルの内装事例】北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町
今回のリニューアルによってハイボール専門店へと生まれ変わった「HIGHBALLBAR 田町 LENTEZZA(レンテッツァ)」ですが、ほとんどのインテリアは以前のものを活用しているという点も、低コストで改装を実現できたポイントになっています。かつてワインボトルが多く並んでいたという棚にはウィスキーボトルが違和感なく並べられ、テーブルや椅子も基本的に以前のものをそのまま使用しているのだそうです。

また、イタリアンレストラン時代に何度も足を運んでくれたお客のことも考え、リニューアル以前の名物メニューをさりげなく残しておくといった、メニュー面での配慮も行っているとのことでした。ワインを愛する人たちに、ウィスキーというお酒の良さも合わせて知って頂きたい、そんな気遣いを感じさせる店舗リニューアルとなっていました。

費用  :50万円以下
施工会社:有限会社クリーピング

効果

業種変更を驚くほどの低予算で実現

データ

店名 北海道ビストロ LENTEZZA(レンテッツァ) 田町
業態 バー・バル
坪数 20坪
費用 施工:50万円