新着のお知らせはありません

物件の長所を活かした内装。居心地のよさで人気の地下店舗

木の温もりと天井の高さが印象的な店内 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

木の温もりと天井の高さが印象的な店内

渋谷の繁華街にある「Bistro&Bal グランマーズジョルジュ」 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

渋谷の繁華街にある「Bistro&Bal グランマーズジョルジュ」

壁一面に大きな木製の本棚を設置 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

壁一面に大きな木製の本棚を設置

値段が高くなりがちな木材。デザイン会社のアドバイスで安価な素材を選択 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

値段が高くなりがちな木材。デザイン会社のアドバイスで安価な素材を選択

客席の間の通路は、すれ違える程度の幅を確保 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

客席の間の通路は、すれ違える程度の幅を確保

厨房と客席の間には壁がなく、調理スタッフも客席の様子がよく見える - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

厨房と客席の間には壁がなく、調理スタッフも客席の様子がよく見える

排気ダクトは、フロアの天井に設置。あえてむき出しにし、ラフな印象に - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

排気ダクトは、フロアの天井に設置。あえてむき出しにし、ラフな印象に

入口から風が吹き込むのを防ぐため、手すりにアクリルパネルを設置 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

入口から風が吹き込むのを防ぐため、手すりにアクリルパネルを設置

テーブルの天板はリーズナブルな合板に。ベンチシートは、デザイナーが自作 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES

テーブルの天板はリーズナブルな合板に。ベンチシートは、デザイナーが自作

あらゆる業態の店がそろい、個性的な飲食店も数多くひしめく東京・渋谷。この街で好条件の立地に、広さや造り、賃料面でも納得できる物件を見つけることは容易ではありません。しかし、理想と異なる条件の物件でも、知恵と工夫を凝らして作り込み、人気店となっていくケースもあります。

今回ご紹介する「Bistro&Bal グランマーズジョルジュ」の物件は、オーナーの佐藤朋行さんが当初に理想としていた条件とは少し違い、地下1階で間口の狭さもネックでしたが、オープン後は若い女性からシニアまで幅広い層が日々集い、企業の宴会の場になることも多い人気のビストロです。設計・施工時の工夫などを、佐藤さんに伺いました。

ここがポイント1

天井の高さを活かし、開放感のある空間に

木の温もりと天井の高さが印象的な店内 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES
地階ながら、天井高が6mほどある同店。床面積は約37坪ですが、高さのあるこの空間を活かせば、居心地の良さを感じてもらいつつ、数十名規模の宴会にも対応できると考え、壁や仕切りはあえて設けないことにしたといいます。
客席と厨房の間にも壁は作らず、棚などを配置して目隠しをしつつも、抜け感のあるつくりにすることで、店全体がより広く見え、厨房からも調理スタッフがお客の様子を確認しやすくしています。
一方で、空間がシンプルになりすぎないよう、店内奥の壁一面には大きな本棚を設置。本棚の後ろに間接照明を設置して、奥行きや立体感を出しています。

ここがポイント2

デザイン会社とやり取りを重ね予算の問題をクリア

値段が高くなりがちな木材。デザイン会社のアドバイスで安価な素材を選択 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES
設計・施工の段階では、想定より予算がオーバーしそうになることも多かったという佐藤さん。「例えば、温かみのある雰囲気にするために床などに木材を使用しているのですが、木の種類や色、木目などによっては価格が大きく変わってきます。そのほかにも、区のルールで、厨房の熱や煙をビルの上に出さなければならないのですが、そのためのダクト工事も予想以上に高くつきました」。

「そのままでは予算オーバー。しかし何をどうすれば予算を削減できるか、自分たちではわからなかった」と佐藤さん。そんなとき、佐藤さんの希望に対する代替案などをアドバイスしてくれたのが、デザインを手がけた株式会社ラセルのデザイナーでした。デザイナーとは15年来の付き合いで、使用する木材の選定や、どこを変えれば予算が抑えられるかなど、細やかにサポートしてもらったといいます。オープン後に、入口のドアから吹き込む風が問題になった際も、そのデザイナーに相談。大掛かりな風除設備は作らず、ドアを入ってすぐの所にある階段の手すりに透明のアクリルパネルを取り付けて、風が店に入ってこないようにし、予算を抑えて問題を解決することができました。

ここがポイント3

お客の居心地を重視しつつ、スタッフの導線にも配慮したレイアウト

客席の間の通路は、すれ違える程度の幅を確保 - 【バー・バルの内装事例】Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES
このほか、席数とレイアウトのバランスも、設計時から注意していたポイント。「席数を増やしすぎるとお客様の快適度が下がり、スタッフの導線も確保しづらくなります。また、客席を広く取って厨房スペースが狭くなると、調理スピードなどに影響が出てしまいます」と佐藤さん。そこで、当初60席以上にしたいと考えていた席数を減らし、50席ほどでレイアウトしました。
客席のイスの後ろの通路は、お客同士のイスが当たらないように余裕を持たせ、人がすれ違える程度の幅を確保。お客にとって居心地がよく、スタッフにとっても料理提供や配膳がスムーズで働きやすい空間になっています。

効果

テナントの特性を活かし、開放感ある居心地の良い空間へ

データ

店名 Bistro&Bal グランマーズジョルジュ Grandma’s GEORGES
業態 バー・バル
坪数 37坪
費用 設計・施工:1,900万円
内装会社 株式会社ラセル

ご利用の流れ

ぐるなびなら初めての飲食店開業でも安心してマッチングサービスを利用できます

1.相談する
まずはお気軽に ご相談ください

2.ご要望をヒアリング
ぐるなび専任担当が ヒアリングします

3.提案を待つ
意欲的な内装会社から エントリー・提案があります

4.内装会社を選ぶ
ぴったりな1社を 選びましょう

ぐるなびなら飲食店の開店まで
責任をもってサポート!

※会員登録が必要です