新着のお知らせはありません

古民家の風合いを活かし、居心地のよいビストロに。進化を続ける繁盛店

中野駅の南口から徒歩約1分にある「root(ルート)」 - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

中野駅の南口から徒歩約1分にある「root(ルート)」

1階は天井に木の板を貼り付け、梁を加え、木の温もりを感じられる空間に - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

1階は天井に木の板を貼り付け、梁を加え、木の温もりを感じられる空間に

天井を彩るドライフラワーの個性的な照明は、花屋に依頼して制作 - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

天井を彩るドライフラワーの個性的な照明は、花屋に依頼して制作

もともと全面ガラス張りだった入口は、木のドアや格子でほどよく目隠し - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

もともと全面ガラス張りだった入口は、木のドアや格子でほどよく目隠し

2階のカウンター席と小上がり。間に柱を加え空間を仕切り、居心地が改善 - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

2階のカウンター席と小上がり。間に柱を加え空間を仕切り、居心地が改善

以前は倉庫として使っていた2階。改修し、宴会などで人気の空間に - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

以前は倉庫として使っていた2階。改修し、宴会などで人気の空間に

2階は天井部分を大胆に抜き、古民家の風合いを強調した作りに - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

2階は天井部分を大胆に抜き、古民家の風合いを強調した作りに

小上がりの真下のスペースを、靴の収納場所として活用 - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

小上がりの真下のスペースを、靴の収納場所として活用

2階の階段横にある柵は、古民家の廃材を利用して後から取り付けた - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root

2階の階段横にある柵は、古民家の廃材を利用して後から取り付けた

JR中野駅南口から徒歩約1分の場所にあるレンガ坂。個性豊かな飲食店が多く集まるこのエリアに、「root(ルート)」はあります。オープンは2013年12月。2階建ての古民家をカフェ風の内装にしてスタートしました。
その後、業態転換と内外装のリニューアルを経て、現在は牛肉、黒豚、ラムなどを使った肉料理と、日本在来の伝統野菜が看板のビストロとして人気を博しています。

オープン当初は、代表の原田信弘(チャオ)さんをはじめ、店の立ち上げに携わったスタッフも飲食業の経験が浅かったそうですが、実際に運営しながらどんどんブラッシュアップ。以前は定食メニューが中心でアルコールの売上が少なかったのですが、業態を変えてからは売上も右肩上がりに伸びています。今回はチャオさんに、内外装の改善点を聞きました。

ここがポイント1

ビストロへのリニューアルとともに古民家の風合いを活かした内装へ

もともと全面ガラス張りだった入口は、木のドアや格子でほどよく目隠し - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root
現在の「root(ルート)」の店舗デザインのコンセプトは、素朴で自然な風合いのある、古き良き古民家。オープン当初は今よりもシンプルかつ、きれいめなカフェのような空間でしたが、ビストロへの業態転換を決意し、内外装もリニューアルしました。

もともと外観は、入口が全面ガラス張りで、客席がよく見える状態だったのですが、店内が見えすぎて落ち着かない、逆に入りづらいといった声も聞かれたそう。そこで、入口のドアを小さなガラス窓付きの木製のものに変えるとともに、格子状の目隠しなども取り付けました。
また、白を基調としたシンプルな雰囲気だった内装は、天井に工夫を施すことで印象が激変。2階は天井板を取り除いて梁を見せることで、木の風合い、古民家風の雰囲気を際立たせています。

(店内、2階の天井の様子は、ページ上部の画像一覧よりご覧いただけます。)

ここがポイント2

空間を仕切る柱一本で居心地が改善。小さなことの積み重ねが満足度を高める

2階のカウンター席と小上がり。間に柱を加え空間を仕切り、居心地が改善 - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root
リニューアル後も、チャオさんは気になる箇所にどんどん手を加えました。例えば2階の奥にある2人掛けの小さなカウンター席と小上がりは、距離が近いために居心地が悪くなっていると感じ、席の間に1本の柱を追加。「たった1本でも、間に差し込むことで、カウンター席と小上がりのエリアが分かれ、居心地がよくなりました」とチャオさん。

また、小上がりの真下のスペースは、後から靴を入れられるように施工し直しました。
そのほかにも1階と2階をつなぐ階段に滑り止めのテープを追加したり、古民家の廃材を活用し、階段横に転落防止の柵を設けるなど、小さな改善を積み重ねてきました。
こうしたチャオさんのアイデアを、素早く実現してくれるのが信頼できる工務店。チャオさんの意図や要望をうまく汲み取り、形にする、安心して任せられるパートナーの存在が、大きな役割を果たしています。

(靴の収納場所、階段横にある転落防止の柵の様子は、ページ上部の画像一覧よりご覧いただけます。)

ここがポイント3

個性溢れるインテリアで、古民家の雰囲気を際立たせる

天井を彩るドライフラワーの個性的な照明は、花屋に依頼して制作 - 【バー・バルの内装事例】古来種野菜と熟成塩豚のお店 root
さらにチャオさんは、店の個性を作り、非日常的な雰囲気を醸し出すインテリアも積極的に取り入れています。例えば、2階にあるドライフラワーで作られた大きなリースは、中野にある花屋と相談しながら作ったもので、独特な美的感覚が光ります。抜群の存在感で2階の天井を彩っており、お客にも好評を博しています。

効果

古民家を活かした内装へリニューアル。改善も積み重ね、売上UP

データ

店名 古来種野菜と熟成塩豚のお店 root
業態 バー・バル
坪数 20坪