新着のお知らせはありません

イベント用スペースなどを備え、地域に愛されるローカル人気店

JR福生駅西口から徒歩1分の「おでんと一品 そら豆」 - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

JR福生駅西口から徒歩1分の「おでんと一品 そら豆」

一見するとおでんが名物の居酒屋とは思えない、洋風の外観 - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

一見するとおでんが名物の居酒屋とは思えない、洋風の外観

演奏用のステージ。店内外で行う音楽イベントが、地域の活性化にもつながる - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

演奏用のステージ。店内外で行う音楽イベントが、地域の活性化にもつながる

木の温もりが感じられる店内。奥には個室と、演奏用ステージがある - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

木の温もりが感じられる店内。奥には個室と、演奏用ステージがある

メインダイニングは間仕切りがなく、レイアウト変更もしやすい - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

メインダイニングは間仕切りがなく、レイアウト変更もしやすい

天井には木目のデザインクロスを使用。梁は木材を組み合わせて制作 - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

天井には木目のデザインクロスを使用。梁は木材を組み合わせて制作

店内を彩るレトロな看板は、内装を担当したビルダーが時間をかけて手作り - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

店内を彩るレトロな看板は、内装を担当したビルダーが時間をかけて手作り

個室を彩る個性的な照明も、ビルダーのオリジナル - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

個室を彩る個性的な照明も、ビルダーのオリジナル

個室の壁にあるそら豆型の窓はスタッフも利用。注文やバッシングもスムーズ - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

個室の壁にあるそら豆型の窓はスタッフも利用。注文やバッシングもスムーズ

個室内は家の食卓のような雰囲気。相席でお客同士が盛り上がることも - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆

個室内は家の食卓のような雰囲気。相席でお客同士が盛り上がることも

米軍横田基地のある東京都福生市。戦後からアメリカンカルチャーの発信地としての顔を持ち、若者たちを引き付けてきましたが、近年は人口減少が続き、飲食店の経営環境も厳しさを増しています。
「おでんと一品 そら豆」は、福生市で13年以上飲食店を経営する瀬山誠さんが3年前にオープンした居酒屋。瀬山さんが開店時に目指したデザイン、地元の人たちに愛される秘訣を伺いました。

ここがポイント1

店主の「好き」を詰め込んだ、アメリカンなデザイン

メインダイニングは間仕切りがなく、レイアウト変更もしやすい - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆
看板料理は、店名にも冠した京風だしのおでんと「厚焼き玉子」などの一品料理。和を中心としたメニュー構成でありながら、店の内外装ではあえてギャップを持たせ、「古きよきアメリカのカントリーサイド」をイメージしたといいます。

メインダイニングは間仕切りのない広々とした空間で、床と壁に木の板が貼られログハウスのような雰囲気。壁や棚には、ビンテージのキャラクターグッズやイラストなどが飾られ、店奥の個室の横には、バンド演奏用のステージも設けられています。
「この店は、僕が趣味で集めていたものを詰め込んで作った空間。音楽も趣味の一つなんです」と瀬山さん。ステージの場所にテーブルを置いて客席を増やすよりも、自分のやりたいことを通して、お客に喜んでもらえる店づくりをしたいと考えています。

また、店のデザイン、施工は、かねてより付き合いのあったビルダー・マッキー荒井氏が担当。ログハウス施工の技術を持つ荒井氏と相談し、「古きよきアメリカン」を再現するために、複数の木材を組み合わせた梁、手作りのレトロな看板などを設置しました。

(外観、レトロな看板の様子は、ページ上部の画像一覧よりご覧いただけます。)

ここがポイント2

音楽イベントなども実施し、地域になくてはならない店に

演奏用のステージ。店内外で行う音楽イベントが、地域の活性化にもつながる - 【居酒屋の内装事例】おでんと一品 そら豆
店内奥の個室は座敷になっており、瀬山さんが以前経営していた店から持ってきた大きな和風のテーブルが置かれています。個室は6名用で、長年の常連客に特に人気。ときにはお客が相席になることもあると言います。「テーブルはちゃぶ台のような感じ。近所の家に集まっている感覚で楽しんでいただけています」。

また、店内のステージでは、月に1回、演奏会を実施。趣味で楽器を演奏している人のほか、プロのミュージシャンを招くこともあるとか。このイベントをきっかけに、お客同士が一体となって盛り上がり、つながりができることで、地域のコミュニティとしての役割も果たしています。

店の外でも、年に一度「福生元気を出せ音楽祭」という音楽イベントを実施している瀬山さん。福生の街を大切に思い、自分にとって、お客にとって、楽しく居心地のよい店を追求することで、地域になくてはならない店となっています。

(個室の和風のテーブル様子は、ページ上部の画像一覧よりご覧いただけます。)


施工会社:マッキー荒井氏(個人)

効果

イベントスペースや温かみのあるデザインで、ローカル人気店へ

データ

店名 おでんと一品 そら豆
業態 居酒屋
坪数 25坪

ご利用の流れ

ぐるなびなら初めての飲食店開業でも安心してマッチングサービスを利用できます

1.相談する
まずはお気軽に ご相談ください

2.ご要望をヒアリング
ぐるなび専任担当が ヒアリングします

3.提案を待つ
意欲的な内装会社から エントリー・提案があります

4.内装会社を選ぶ
ぴったりな1社を 選びましょう

ぐるなびなら飲食店の開店まで
責任をもってサポート!

※会員登録が必要です