新着のお知らせはありません

結婚式二次会が約10倍&カフェ利用も増!女性の心を掴むカフェバー

横浜ホテルプラム内にある「tobago café&bar」 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

横浜ホテルプラム内にある「tobago café&bar」

シンプルで上品な看板で、ホテルロビーと調和するエントランス - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

シンプルで上品な看板で、ホテルロビーと調和するエントランス

壁を取り除き、自然光が優しく差し込むようになった客席 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

壁を取り除き、自然光が優しく差し込むようになった客席

ウエディングを意識し、白を基調とした内装の店内 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

ウエディングを意識し、白を基調とした内装の店内

床の段差をなくし、カーペットからフラットなタイルの床に変更 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

床の段差をなくし、カーペットからフラットなタイルの床に変更

隣の席との間隔が広く取られ、ゆったりとくつろげるソファ席 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

隣の席との間隔が広く取られ、ゆったりとくつろげるソファ席

テーブルに木天板を貼り、椅子の革を貼り替えてオリジナル性を加える - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

テーブルに木天板を貼り、椅子の革を貼り替えてオリジナル性を加える

女性が多く利用する店内奥のテーブル席 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

女性が多く利用する店内奥のテーブル席

「tobago café&bar」のすぐ隣にあるホテル宿泊ロビー - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜

「tobago café&bar」のすぐ隣にあるホテル宿泊ロビー

近年、ラグジュアリーホテルやビジネスホテルの建設ラッシュが続いている横浜市中心部。全国の政令指定都市の中で最も人口が多いというエリア特性に加え、外資系企業の誘致にも積極的な横浜市の政策効果なども加わり、みなとみらいや横浜駅周辺のエリアでは、外資系や日系を問わず、ホテル間の競争が一層激しくなっています。

今回ご紹介するのは横浜駅西口から徒歩5分という好立地にある「横浜ホテルプラム」併設の「tobago cafe & bar」。こちらのカフェは、結婚式の二次会から普段使いの外食まで幅広い用途でご利用いただけることから、周辺のホテルと飲食店の両方としのぎを削る一軒です。そんな環境下で2013年にコンセプトを一から見直す大胆な店内リニューアルを実施し、今では結婚式二次会の利用が約10倍と大きく伸びています。リニューアル前の課題や、改装時に見直したポイントを、営業統括本部室長の平山麻由子さんに聞きました。

ここがポイント1

「ウエディング」を軸にした空間作りで二次会需要が大幅増!

ウエディングを意識し、白を基調とした内装の店内 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜
リニューアル以前の店内は、パリのビストロを思わせるような雰囲気作りをしており、壁の色合いは濃いパープル、照明は暗めで、床も現在のようなタイルではなくカーペット敷きでした。また、店内の一部にはワインラックなどが設置され、視線を遮るような造りの客席もあったとのこと。ホテルとしてはその当時、結婚式二次会の獲得、そして女性客の獲得が大きな課題になっており、抜本的な改善を図るべく、コンセプトを一から見直してリニューアルを行ったそうです。

2013年に全面改装し、生まれ変わった店内は、白を基調とした内装で統一された空間になっています。平山さんいわく、ホテル内にいくつかある婚礼会場の中で、最も人気が高いのが白を基調とした会場で、それがこのtobago café&barをリニューアルするうえで大きなヒントになったとのこと。もともと、ホテル内で披露宴から二次会までを完結させたいという需要は多く、「ウエディング」というコンセプトに照準を合わせた色調選び、空間作りを行うことで、スムーズに結婚式二次会の需要を取り込めるようになったそうです。

ここがポイント2

フラットな床、自由度の高いレイアウトもポイント!企業セミナーも増加

床の段差をなくし、カーペットからフラットなタイルの床に変更 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜
また、全面改装ではフラットな床と自由度の高いレイアウト設計も大きなポイントになっています。改装前は入口を入ってすぐに段差があったため、バリアフリーではないために店内に入りづらかったり、宴会時に上側の席に座る人との目線がずれてしまうこともあり、宴会場として使いづらいのではといった意見が挙がっていたそうです。また、宴会の規模やお客の要望に合わせて柔軟にレイアウトが組める、使いやすい空間設計という点で課題を感じていました。

そこで、改装時には店内を一度スケルトンの状態に戻し、ゼロから施工。その際に段差をなくし、フラットな床へと変更しました。また、使用しているテーブルや椅子に関しても、レイアウトが自由に組みやすいものを採用し、デザイン面でオリジナル性を加えるために、テーブルに木天板を新たに貼ったり、椅子の革を貼り替えるなど細かな工夫を行っています。こういった点も結婚式二次会の獲得に大きく貢献していますが、今では企業が開催する女性向けセミナーの会場として使われるケースも増え、売上の一翼を担うようになっています。

ここがポイント3

カフェとしての集客も向上!女性に人気のくつろぎを重視した空間

隣の席との間隔が広く取られ、ゆったりとくつろげるソファ席 - 【カフェ・スイーツの内装事例】横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜
女性客の獲得も課題に挙がっていた同店。実はこのカフェバーを運営する横浜プラムホテルは、市を代表するデザイナーズホテルの1つであり、女性にウケるデザインという観点もリニューアル時の重要なポイントでした。そのため、リニューアル前には自社のデザイン部門にて、ライフスタイルを提案するホテルとして「誰にどういったストーリーでくつろぎ、1日を過ごしてもらうのか?」という議論を重ね、具体的なデザイン図面へと落とし込んでいきました。

具体的には、席数を約70席から約50席へと削減し、広々としたスペースを確保してベビーカーでも入店しやすい空間へ。また白を基調とした内装の中で、要所に淡いブラウンの木目を取り入れてナチュラルな空間を演出。自然光が優しく差し込む開放的な雰囲気にして、少し低めのテーブルや椅子を選定し、よりくつろげるよう工夫しています。
メニューでは、名物となっているエッグベネディクトやパンケーキが高い支持を得ており、今では近隣に住む子ども連れの女性や、モーニングメニューを目当てに訪れる女性も増えているとのこと。カフェとしての認知も大きく向上させています。

効果

結婚式二次会の予約が約10倍、企業セミナーやカフェ利用も増加

データ

店名 横浜ホテルプラム tobago cafe&bar 横浜
業態 カフェ・スイーツ
坪数 47.6坪
費用 設計・施工:2,000万円

ご利用の流れ

ぐるなびなら初めての飲食店開業でも安心してマッチングサービスを利用できます

1.相談する
まずはお気軽に ご相談ください

2.ご要望をヒアリング
ぐるなび専任担当が ヒアリングします

3.提案を待つ
意欲的な内装会社から エントリー・提案があります

4.内装会社を選ぶ
ぴったりな1社を 選びましょう

ぐるなびなら飲食店の開店まで
責任をもってサポート!

※会員登録が必要です