常陸牛の料理を看板に集客。種類豊富な弁当も大好評

きもと-地元産の食材を使い、その日の気候などに合わせて料理を提供する和食店。近隣には企業や工場が多く、ビジネス層の接待や宴会、法事・慶事まで、様々なニーズに対応する。-日本全国繁盛店

URLコピー

きもと

茨城 日立 居酒屋/会席料理

接待や顔合わせでも人気の2階個室。宴会には最大70名まで対応

JR大甕駅徒歩10分の立地に、2008年オープンの和食店。近隣には企業や工場が多く、平日はビジネス層、週末はファミリーで賑わい、接待や宴会から法事・慶事まで、様々なニーズに対応する。料理の売りは、常陸牛を使った「常陸牛バラ串」(486円)や「常陸牛にぎり5貫」(1,026円)などで、米も上質の常陸太田産コシヒカリを使うなど地元の食材にこだわっている。

宴会は看板食材である常陸牛の料理を含む8品(3,780円)のコースが人気だ。暑い日には冷たい料理、寒い日には温かい料理を多くするなど、その日の気候に合わせて内容を変える、臨機応変さも支持されている。「要望があれば、可能な範囲でメニューにない料理も提供しますし、和食の固定概念にもとらわれず柔軟に対応しています」と、代表の坂本良介氏。料理は逐一写真を撮り、各々の写真に味の説明をつけてスタッフと共有し、育成に役立てている。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。