外国語メニューブックの導入で注文が円滑に!

大阪・梅田にある沖縄料理店「首里古酒倶楽部」では、インバウンド対策を強化。4カ国語の外国語メニューブックの導入、二次元バーコードでの案内、新メニューの開発の3つに力を入れている。

URLコピー

Vol.58

首里古酒倶楽部(大阪・梅田)

昨年秋から外国人集客を強化。看板メニューも開発!

 2018年8月、JR大阪駅に隣接するグランフロント大阪南館7階にオープンした沖縄料理店「首里古酒倶楽部」は、「ゴーヤチャンプルー」(842円)や「豆腐よう」(540円)などポピュラーなメニューのほか、色彩や盛り付けなどに工夫を凝らした「琉球宮廷料理」を提供している。大阪担当部長を務める大前大介氏は、グランフロント大阪に多数の外国人が訪れている現状を見据え、昨年秋からその集客を強化。「現在は週末を中心に、来店客の2割程度を外国人のお客様が占めるようになり、効果を実感しています」と、語る。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。