英語でも積極的にコミュニケーション!外国語メニューなどで集客

東京・上野にある鉄板焼店「grow上野店」は、外国人観光客が多く来店するため、外国語のメニューブックのほか、英語での会話のフローをまとめたシートを用意して、接客している。

URLコピー

Vol.59

熟成肉×鉄板焼 grow 上野店(東京・上野)

外国人の来店時に活用する英会話シートも作成

 JR上野駅や地下鉄・湯島駅から徒歩1~5分という好立地の「grow上野店」。羽田や成田空港へのアクセスがよく、銀座や浅草などへも地下鉄で数分。周辺には湯島天神や上野公園といった観光スポットもあり、国内外の観光客が多く訪れるエリアだ。

 店の売りは、最高級A5ランクの和牛を、目の前で焼き上げる鉄板焼コース。1品目(アラカルトの場合はお通し)に「炙り寿司」を提供し、続く料理への期待を高めるとともに、和牛本来のおいしさを伝える方法を追求している。「カウンターも入れて24席の空間はスタッフとお客様との距離が近く、アットホームな雰囲気です」と話すのは、店長の大舘勝貴氏。「高級鉄板焼は初めて」という若者も記念日利用などでよく訪れている。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。