外国語メニューブックで郷土料理を説明。古民家の空間も大好評!

東京・銀座の「「なまはげ 銀座店」では、秋田の「郷土料理」「地酒」「なまはげ」の3つの柱で集客。外国人観光客も多く訪れており、メニューブックで郷土料理や文化について説明している。

URLコピー

Vol.60

なまはげ 銀座店(東京・銀座)

「なまはげ」との記念写真がSNSで拡散!

 まるで百年も昔の日本にタイムスリップしたかのような、東京・銀座のビルの中に突如現れる“異空間”が「なまはげ 銀座店」。それもそのはず、店内は130年以上の歴史を持つ秋田県の古民家を解体・移築し、座敷や土間を再現したものだ。「本物の古材でしか出せない旧家の雰囲気を体験できます」と、店長の畑山直太氏は話す。

おこもり感満点の、かまくらをイメージした半個室席。雪国ならではの情緒を再現

 15年前、秋田の魅力を発信するアンテナショップの役割を担う飲食店としてオープン。10年前には仙台にも出店を果たした。秋田県に伝わる神の使い「なまはげ」、秋田の食材をふんだんに使った「郷土料理」、そして、秋田の「地酒」の3つの柱で、東京在住の秋田県人や、銀座周辺に勤めるビジネス層に喜ばれてきた。なかでも、毎日2回披露される「なまはげショー」は、「なまはげ」が店内を練り歩いたり、太鼓を披露したりするイベントで迫力満点。そのほか、「郷土料理のきりたんぽ鍋や比内地鶏などの秋田の食材、県内の全35の蔵元の地酒をそろえていることも、当店ならではの自慢です」と、畑山氏。

 外国人客が目立つようになったのは4年ほど前から。「最初は、日本人が海外からのお客様を連れて来店するケースが多かったのですが、2年ほど前からは、外国人だけのカップルやグループ、ファミリーが増えてきました」(畑山氏)。今では、欧米やアジア各国から、毎日4~5組の外国人が来店するようになった。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。