神戸牛をはじめとした最高級の和牛と高級感ある店内をアピールして集客!

A5黒毛和牛だけでなく、外国人に特に人気の高い「神戸牛提供の店」としてもアピールする「将泰庵」。充実したコースや、その魅力をしっかり伝えるメニューシートなど、インバウンド対応にフォーカス!

URLコピー

Vol.65

肉の匠 将泰庵 新日本橋店(東京・新日本橋)

(左)日本語と英語を併記したメニューブック。あえて料理の写真を入れずにシンプルなデザインにすることで高級感を演出。(右)コース予約をした中国人客には、「肉の匠」「史上最強」「将泰庵」の3コースの「お品書」をテーブルに用意しておく。中国人アルバイトスタッフが日本語のメニューブックから翻訳して作成

メニューに英語表記を加え、中国語の「お品書」も作成

 2016年7月に焼肉業態「将泰庵」の3号店としてオープン。東京・新日本橋のオフィス街にあり、平日はビジネス層の接待、週末はカップルやファミリーの記念日利用で人気がある。売りはA5黒毛和牛と高級感のある空間。金色に輝く壁面など、豪華な和の雰囲気が特徴だ。2018年9月、「神戸肉流通推進協議会」の指定登録店となり、「神戸牛提供の店」としてアピールする。

 もともと、国内にある企業の接待で訪れる外国人は散見されたが、最近は、中国や台湾からの観光客が増加中。店としてもインバウンドの集客に力を入れており、まずは「ぐるなび外国語版」に加盟し、海外の訪日観光サイトでも情報を発信する。会計1万円以上で10%オフになるクーポンをつけて来店動機を刺激しつつ、台湾の著名なブロガーを招聘し、認知度アップも狙う。一方、この春には、タイ・バンコクに海外1号店をオープン。そこでの経験や知識を今後のインバウンド販促に活かすとともに、タイから日本への送客も視野に入れている。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。