メニューブックの料理数を増やして成功!「人気の味」をセットにして接客も効率化

訪日外国人で賑わう大阪・道頓堀でフグ料理を提供する「道頓堀 治兵衛」。2インバウンド対策に力を入れ、外国語メニューブックを作成し、セットメニューを拡充。オペレーションもアップでき、集客に成功している。

URLコピー

Vol.66

道頓堀 治兵衛(大阪・道頓堀)

店頭の看板やサンプルにも英語と中国語を併記

 近年、訪日外国人で爆発的に賑わう大阪・道頓堀に、昭和32年オープンの老舗の和食店。フグ料理を名物に、地下1階から地上5階まで、計6フロアで400名を収容できる。

店頭に数多くのメニューサンプルや看板を並べ、店に入りやすい雰囲気に。立ち止まって凝視する外国人観光客も目に付く
メニューブックのほか、決済システムやWi-Fiの有無も案内。外国人の不安要素を取り除く
写真付きのメニュー看板には、英語と中国語を併記。支払時に間違えないよう、税別価格であることも目立つよう表示している
鍋料理は表示価格が2人前と誤解された経験から、1人前価格をしっかり明示している

 来店客の約3割を占める外国人は、かつて欧米人が中心だったが、中国人旅行者の“爆買い”が話題になり始めた2013年頃から、東アジアからの旅行者の集客にも注力。同時期に入社した次長の吉田勇樹氏は、「当時の外国人用メニューブックは、数ある料理から寿司などの人気料理を抜粋したもので、数をかなり絞っていました。そのため、注文できる料理が少ないと思われて、オーダーせずに帰る人も多かったので、見直しを図りました」と振り返る。新たに作成したメニューブックでは、「注文いただけるか半信半疑でしたが、掲載数を重視」(吉田氏)し、「かにと和牛の炭火焼き」(3780円)や、「びっくり造り盛り合わせ(10種)」(3024円~)、てっちり(1人前3780円~)といった単価の高い料理も積極的にアピール。すると、メニューを見て帰る人は激減し、日によっては外国人客が5割を占めるようになった。また、来店数トップ3カ国の、中国・台湾・韓国人が好きなメニューの傾向をつかむと、天ぷらやカニなどを組み合わせた2~3人前のセットメニュー(Aは1万746円、Bは1万2474円)を用意し、これがヒット。どちらも名物のフグ料理はついていないため、別途ふぐ料理の追加注文も入るほか、従来、日本人の倍以上を要していた、オーダーの時間短縮にも効果があった。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。