会話重視の接客で来店客数・客単価アップ!「ぐるなび外国語版 ネット予約」も好調

沖縄・那覇の焼肉店「焼肉レストラン ロインズ」では、外国人客数が従来の3倍に。積極的にコミュニケーションを取り、おすすめメニューを英語表記のシートなどでアピールし、客単価アップにつなげている。

URLコピー

Vol.70

焼肉レストラン ロインズ(沖縄・那覇)

口コミ拡散やネット予約でインバウンド需要アップ!

 2013年3月、沖縄・那覇市中心部の繁華街の中でも、飲食店が集中する久茂地エリアにオープンした「焼肉レストラン ロインズ」。上質な肉と、来店客に非日常を感じさせる「お客様ファースト」のサービスで人気の焼肉店だ。「お客様の多くは観光客。なかでもオープン当初は1割だった外国人が、2016年頃から目に見えて増え始め、現在は3割程度になっています」と店長の平田旭氏。もっとも多いのが台湾からの旅行者で4~5割、欧米諸国が1割、そのほか中国や韓国などからも訪れている。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。