リニューアルを機にインバウンド集客を強化。カニ料理の投入、朝食の刷新などで客数UP!

北海道・札幌にある「日本料理店北乃路」では、インバウンドを意識した設えや受け入れ体制を強化。ディナーだけでなく、朝食も和を意識したメニューに変えるとともに、「本格だし取り教室」も開催して好評だ。

URLコピー

Vol.73

日本料理 北乃路(北海道・札幌)

畳個室をテーブル席に改装。体験教室も集客の一助に

 JR札幌駅と地下街を通じて直結する「センチュリーロイヤルホテル」内にあり、オープン46年目を迎えた「日本料理店北乃路」。2014年に全面リニューアルを図り、若い世代へのアピールを強めると同時に、インバウンドを意識した設えや受け入れ体制も強化してきた。「リニューアル当初はディナー客の1割程度だった海外からの旅行者が、現在は3割近くに増えています」と、マネージャーの中川学氏。その約半数は中国人で、ファミリーでの利用が多いという。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。