販売状況をリアルタイムに確認。効果測定も実施

「一頭買焼肉 玄 浅草本店」では牛肉のすべての部位を売り切るために、POSレジである「ぐるなびPOS+」を導入。販売実績を分析してお得なメニューの打ち出しを行う。また売上集計が不要のため、作業時間が削減した。

URLコピー

「POSレジサービス」導入店リポート

売上伝票の整理も不要。スタッフの業務負荷が軽減

 松阪牛や山形県産のブランド牛「雪降り和牛尾花沢」などを一頭買いし、リーズナブルに提供する「一頭買焼肉 玄 浅草本店」。同店では2017年10月に「ぐるなびPOS+」(オーダーエントリーシステム含む)を導入した。「一頭買いをしているので、すべての部位を売り切るために、その時々によって、おすすめや肉の盛り合わせの内容を変えていく必要があります。以前のレジでは、その場で販売状況や在庫量が把握できず、スタッフの感覚に頼らざるを得ませんでした」と、スタッフの田代政憲氏は語る。

営業中も気になることがあれば「ぐるなびPOS+」で顧客の来店情報やメニューの販売状況を確認。「直感的に操作できるので、使いやすいですね」(田代氏)

 「優れた分析機能を持つPOSレジがほしい」という現場からの要望を受け、本部は「ぐるなびPOS+」の導入を決定。おすすめメニューの打ち出しや、特定部位を割引価格で提供するイベントを開催するときは、「ぐるなびPOS+」で各部位の販売実績を分析して内容を決めているという。「お得なメニューを打ち出す一方で、販売数が減ったメニューも出てきます。『ぐるなびPOS+』では、売上構成比もその場でわかるので、売上が落ち込んだメニューの販売に力を入れることもできますし、イベントが店全体の利益につながったのかなどもきちんと把握できるのがいいですね」と田代氏。

売れ筋メニューの「黒毛和牛厳選6種盛り合わせ」(3~4人前5378円)には、その日のおすすめ部位が入る

 また、毎日の作業効率も大きく改善。従来は営業が終了すると、店舗で約1時間かけて売上伝票を整理し、翌日に本部へ渡し、経理担当がチェックしていた。しかし現在では、「紙伝票の整理などがなくなり、レジを締めたらすぐに帰ることができ、計算ミスもありません」(田代氏)。作業時間の削減でスタッフの負担が減るとともに、それに関わる人件費も抑えることができたという。さらに、「ぐるなびPOS+」に原価や人件費などを入力して簡易PL(損益計画書)を作成。スタッフにも見せているため、数字に対する意識が変わってきていることも収穫だ。

「ぐるなびPOS+」で各部位の売れ具合を確認し、盛り合わせの内容を変えている

 2018年5月には、顧客管理や予約管理ができる「ぐるなび台帳」も導入し、「ぐるなびPOS+」と連携。同店には「玄 焼肉メンバー」という会員制度があり、約1800名の会員がいるが、以前はエクセルを使い、手入力で顧客管理をしていた。現在は「ぐるなび台帳」で管理するほか、「ぐるなびPOS+」に登録された来店履歴や喫食情報などのデータも連携されるため、予約時やオーダーテイクで役に立っているという。

 今後は、「顧客情報を活かしてDMの配布などにも活かしたいです」(田代氏)と、さらなる活用を考えている。

一頭買焼肉 玄 浅草本店
東京都台東区浅草1-42-4 電気館ビル2F
https://r.gnavi.co.jp/ga99200/
浅草駅近くの繁華街に、2009年オープン。ゆったりしたソファ席や接待に使える個室、団体や大小の宴会に対応するスペースも備える。地元の常連客のほか、最近は外国人観光客の来店が増え、バスツアーでの利用も多い。
スタッフ 田代 政憲 氏
学生時代に焼肉店でアルバイトをしたのをきっかけに飲食業界へ。2017年10月より同店に勤務し、調理やホールを担当。スタッフに「ぐるなびPOS+」の使い方も教えている。
ぐるなびPOS+とは
ぐるなびが「飲食店業務支援事業」として提供する、クラウド型のモバイルPOSレジシステムサービス(https://www.gnavi.co.jp/ksupport/gnavi_postas)。POSのタブレット端末と別売りのOES(オーダーエントリーシステム)端末を連動して、注文や会計処理、売上の管理を行えるほか、スタッフの勤怠やシフト、顧客情報の管理もできる。また、予約・顧客管理がオンラインで行える「ぐるなび台帳」と情報の連携が可能だ。

飲食店をトータルサポート
低価格でPOSシステムを導入してみませんか?

詳細はこちら

※本記事の情報は記事作成時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報はご自身でご確認ください。

URLコピー