2020年から屋内禁煙が義務化。飲食店に求められる禁煙・分煙

2020年に向け、飲食店に対し禁煙や分煙に対するニーズの高まっている。「ぐるなびPRO 店舗デザイン」では、喫煙ブースを設置する内装会社の紹介が可能。分煙化を実現した事例も参考に、喫煙環境について考えよう。

URLコピー

今回は「たばこ対策」

喫煙ブースを設置する内装会社をぐるなびが紹介

 昨今の健康志向の高まりから、たばこの煙やにおいが気になり、喫煙できる店を避けたり、分煙を実施する飲食店を選ぶケースが増えている。

 また、2018年7月に「改正健康増進法」が成立し、2020年4月から一部の飲食店では、原則、屋内禁煙が義務付けられることになった(下記の表を参照)。資本金5000万円以下、かつ客席面積100平米(約30坪)以下の店舗は対象外となるが、禁煙や分煙に対する消費者のニーズはさらに高まることが予想され、飲食店にはその対応が迫られる。一方、対象となる飲食店は「喫煙専用室の設置は可」となっているため、フロアを全面禁煙にするか、喫煙専用室や喫煙ブースを店内に設置するか検討が必要だ。

 そこで「ぐるなびPRO 店舗デザイン」では、飲食店の店舗デザインについて、好みの内装会社を探して依頼できるサービスを提供中(利用無料)。その中で喫煙ブースを設置する内装会社の紹介も行っている。内装会社では、様々なタイプの喫煙ブースを用意しているため、自店に合ったものを選択できる。

 下記では、喫煙ブースを設置し、客席の分煙化を実現した店舗の事例を紹介する。この機会に、自店の喫煙環境について検討していただき、興味を持った方は「ぐるなびPRO 店舗デザイン」をご覧いただきたい。

■改正健康増進法の概要

  • 喫煙専用室での飲食は不可。加熱式たばこ専用室であれば飲食可。
  • 喫煙をすることができる個室や全面喫煙可の店舗には20歳未満の者(従業員含む)を立ち入らせてはならないものとする。
  • 施設などの管理権原者などは、喫煙が禁止された場所に喫煙器具・設備(灰皿など)を設置してはならないものとする。

■罰則(過料)
喫煙禁止場所における喫煙 → 30万円以下
紛らわしい標識の掲示・標識の汚損など → 50万円以下 など

■ 施行期日
2020年4月1日(上記表のAの「学校・病院・児童福祉施設など、行政機関」については2019年7月施行)
※詳細は、厚生労働省ホームページを参照。

出典:厚生労働省ホームページ健康増進法の一部を改正する法律(平成30年法律第78号)概要」を加工して作成

喫煙ブース設置店リポート

店内のリニューアルを機に分煙化。愛煙家に受け入れられ客足も好調

 銀座に勤めるビジネス層に人気で、パーティなど貸切利用も獲得する「Standing Bar333 銀座」では、2018年12月、オープン5周年を機に店内のリニューアルを実施。リニューアル前は全面喫煙可能だったが、来年施行される「改正健康増進法」を見据え、店内に喫煙ブースを設置し、分煙にした。

店内の一画に設置された喫煙ブース。収容人数は5名ほどで、天井に給気口を設け、煙を吸う仕組みになっている

 「お酒とたばこは、なかなか切り離せない関係なので、禁煙ではなく分煙を選択しました。地下1階ということもあり、以前はホールに煙が立ち込めていたので、女性のお客様から『髪や服がたばこ臭くなる』という声はありましたね」と、店長の桑鶴玲氏は振り返る。また、たばこを片手にホールを歩く人もおり、週末の夜になると店内はかなり込み合うため、別の来店客にたばこの火が触れてしまう危険性もあった。

喫煙ブースの外壁はウッドパネルで囲い、店内のデザインと統一感のあるスタイリッシュな外観に

 喫煙ブース設置後は、加熱式タバコのみ店内全面で喫煙可能とし、来店客には入店時に喫煙ブースを案内。たばこの煙やにおいはかなり軽減され、店内は快適な環境が保たれるように。愛煙家にも喫煙ブースはスムーズに受け入れられ、客足に特に影響はないという。また、たばこの火が触れてしまうようなトラブルの心配もなく、「店としても安心ですね」と桑鶴氏は語る。

 スタッフの反応も上々で、「灰皿交換の手間が減った」「毎月行うエアコンの掃除が格段に楽になった」という声が上がっている。

貸切&Standing Bar333 銀座
東京都中央区銀座6-4-8 ニューギンザビル3号館B1F
https://r.gnavi.co.jp/gd4z400/
ドリンク1杯333円で楽しめるスタイリッシュなスタンディングバー。周辺エリアに勤務するビジネス層で賑わっている。
店長 桑鶴 玲 氏
バーテンダーとしても店に立ち、気さくな対応が好評。自身も喫煙者だが、分煙化のメリットを実感している。