ぐるなび台帳とPOS+の連携で注文履歴を蓄積し、接客に活用!

岡山・倉敷にある焼肉店「熟成焼肉 にくまにあ」では、「ぐるなび台帳」とPOSレジシステム「ぐるなびPOS+」を連携。来店客が注文したメニューが自動的に台帳に記入されるため、その注文履歴を接客に生かしている。

URLコピー
ぐるなび台帳とは?
「ぐるなび台帳」は、空席管理や予約管理、顧客管理など、飲食店の業務を支援する目的で作られた予約台帳システム。「ぐるなびネット予約」と連携しており、「ぐるなびネット予約」から入った予約は「ぐるなび台帳」に自動で反映される。また、混雑時に電話に出られなかったり、営業時間外に電話で予約受付をしたいときに、電話自動受付予約機能(オプション:有料)を設定しておくことで、自動音声で予約を受け付けることができ、予約の取りこぼしを防げる。さらに、「ぐるなびネット予約」から入った情報は、そのまま顧客情報として自動で顧客台帳に登録され、登録済みの顧客情報を検索したり、来店回数を確認することも可能だ。

姉妹店でも台帳を導入し、相互に空席を共有して送客

 岡山・JR倉敷駅近くのビル2階に2017年9月オープンした「熟成焼肉 にくまにあ」。鳥取のブランド牛・大山黒牛を一頭買いで仕入れ、希少部位も含めたさまざまなメニューを提供。掘りごたつの個室、テーブル席、カウンター席を備え、ビジネス層の接待やカップルの記念日など、幅広いシーンで利用されている。

 「ぐるなび台帳」を導入したのは、近くに2号店をオープンした2019年9月。「それまで、いくつかの媒体でネット販促をしていたのですが、2号店を出店する際、費用対効果の面から両店ともぐるなびをメインに活用することにしました。これに伴い、顧客情報の管理もぐるなびのサービスに統一しようということになり、それまで使っていた台帳システムから『ぐるなび台帳』に切り替えました」とホールスタッフの児玉朋子氏は導入の経緯を語る。「ぐるなび台帳」は、誕生日や結婚記念日、アレルギーなど、細かい顧客情報を記録できるところも魅力に感じたという。

「ぐるなびPOS+」と連携すると、来店客(台帳に登録されている顧客)の注文内容が「ぐるなび台帳」に自動的に記録される。来店日別に「喫食情報」(写真右下)から確認が可能
「喫食情報」には、その日に注文したメニューと単価、個数が表示される。これを基に、顧客ごとの好みやオーダー傾向などを分析できることから、接客トークやサービス向上に生かしている

 さらに、同じタイミングでPOSレジシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」も導入。「『ぐるなびPOS+』と『ぐるなび台帳』を連携させることで、台帳に登録されているお客様が注文した料理やドリンクが自動的に台帳にも記録されます。これにより、『赤身の肉が好き』『焼酎が好き』『必ずシメに肉の握りを注文する』といったお客様の好みや注文の傾向がわかり、接客の質の向上に役立っています」と児玉氏。その代表例が、予約席に置くメッセージカードだ。新規客であれば「本日はありがとうございます」と書くところを、リピーターには「いつも~」に変更するほか、その人が好きな肉の部位や酒の銘柄の入荷情報を一言添えるなどして、特別感を感じてもらえるように工夫している。加えて、電話で予約を受ける際は、以前利用したコースの内容や、座った席が禁煙席か喫煙席かなども台帳を見ればわかるため、コースの提案や配席にも一役買っているという。

「ぐるなび台帳」では名前の横に過去の来店回数が表示される。写真の「他1」は、姉妹店(「ぐるなび台帳」を導入)への来店回数
電話予約を受ける際、「ぐるなび台帳」で来店回数を確認し、何度も来ている常連客には「いつもありがとうございます」とあいさつする

 現在、毎週末満席になる盛況ぶりで、フリー客も少なくない。予約で席が埋まってしまい、席が用意できない場合は、同じく「ぐるなび台帳」を導入している2号店の空席情報を確認して案内。両店舗での集客アップにつなげている。「今後も、お客様の好みに合わせた提案をして満足度を高めていきたい」(児玉氏)と、さらなる接客のレベルアップに「ぐるなび台帳」を活用していく考えだ。

常連客の予約席に置くメッセージカードには、その人が好きなメニューの情報などを書き、特別感を演出
熟成焼肉 にくまにあ(岡山・倉敷)
岡山県倉敷市鶴形1-2-28 2F
https://r.gnavi.co.jp/9anae1k50000/
岡山で約13店舗の飲食店を展開する有限会社Jack-in-the-boxが手がける焼肉店。ビジネス層を中心に、幅広い世代でにぎわう。
ホールスタッフ 児玉 朋子 氏
飲食関連企業などでの勤務を経て、2018年に入社。ホールスタッフとして働きつつ、SNSやWebページの更新といった店の広報業務も担う。

お店の予約を一元管理
予約・顧客データをフル活用してリピート販促につなげませんか?

詳細はこちら

※本記事の情報は記事作成時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報はご自身でご確認ください。

URLコピー