2021/04/20 特集

店の売りが伝わる、こだわりのテイクアウト 家飲み・行楽・お祝い事など、ニーズをキャッチ!(5ページ目)

URLコピー

「店の味」を自宅でも忠実に再現! 一度で2回おいしい特別セット

はまぐり庵 - 吉祥別邸 -【大阪・梅田】

しゃぶしゃぶも持ち帰り! 店内より安い価格も好評

 阪急梅田駅直結の商業施設・阪急三番街の南館地下2階に、2014年にオープンした「はまぐり庵 - 吉祥別邸-」は、はまぐり料理の専門店。「焼きはまぐり」(3個550円)、「はまぐり出汁巻たまご」(980円)、「はまぐりラーメン」(820円)、はまぐりのしゃぶしゃぶ「はましゃぶ」(はまぐり約30個3500円)が4大看板料理だ。「この業態を選んだのは、当社の代表が三重県桑名で食べたはまぐりに感動し、大阪でもその味を広めたいと思ったからです。関西では、はまぐりはなじみの薄い食材。オープン時は苦戦しましたが、徐々に認知が広がりました」と店長の松生晃洋氏は語る。平日はランチ・ディナーともに30代以上の女性が多いが、最近は20代も増加傾向にあるという。

はましゃぶ(テイクアウト用セット)2,700円。正方形の包材に活はまぐり約30個が美しく並び、保冷剤とともに紙袋に入れて手渡す。中華麺は店内で提供する「はまぐりラーメン」と同じものをセットにしている
  • はまぐりの扱いや「はましゃぶ」の楽しみ方を詳しく説明するA4サイズのシートも同封
  • 店内での提供時は、貝の数で値段が変わる。はまぐりのうま味あふれるスープで食すシメの雑炊やうどんも絶品

 特に売りの「はましゃぶ」は、自宅でも気軽に楽しんでもらいたいと、テイクアウト専用セット(2700円)を考案。昨年2月ごろから準備し、翌3月から販売をスタートした。当初は自社ECサイトで販売を始め、現在は店頭でも販売。セット内容は、3年物の活はまぐり約30個と京都の製麺業者から仕入れる中華麺に、濃縮だしが付く。「店内では薄めのカツオだしで『はましゃぶ』を楽しんでもらっています。自宅でも手間をかけずに召し上がっていただくために、お湯で薄めるタイプの持ち帰りに便利な濃縮だしを開発しました」と松生氏。

  • 店頭では貝殻を使ってテイクアウトを大々的にアピール
  • テイクアウト目当ての来店も多い

 また、店内で食べる際はシメに雑炊かうどんを選べるが、テイクアウトセットのシメは中華麺に。そこには、同じく看板の「はまぐりラーメン」を楽しんでもらう狙いがある。一度に2つの看板料理を味わえる満足感と、イートインより安い価格設定によるお得感でアピールしている。

専用の麺と濃縮スープがセットになった「はまぐりラーメン」もテイクアウト可。約8年前から販売する

 情報発信にはSNSを活用。一度に5セット買う人もいるなど反響は大きく、テイクアウトのリピーターも増加中だ。冷凍や真空パックではない活はまぐりのおいしさで、新たなファンを獲得。今後は日持ちのする商品の開発も予定している。

はまぐり庵 - 吉祥別邸-【大阪・梅田】
大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2
https://r.gnavi.co.jp/pket94ey0000/
2012年、梅田・阪急グランドビル28階にオープンした「はまぐり庵」の2号店。三重県のはまぐり専門業者から天然ものを仕入れ、さまざまな料理で提供する。
店長 松生 晃洋 氏
異業種から20 代半ばで飲食業界へ転身。「はまぐり庵」1号店オープン時の店長も務め、現在も兼任。マネジメント全般を担当している。

全5ページ