2021/05/25 特集

好調!焼肉業態に見る これからの飲食業界 成功のキーワード(5ページ目)

URLコピー

【CASE3】とり焼肉酒場 鶏ん家

レモンサワーと鶏焼肉の相乗効果で追加注文数がアップ!

リーズナブル&ヘルシーな鶏焼肉でビジネス層を獲得

 水炊き専門店「博多華味鳥」など、国内外に約40店舗を展開するトリゼンダイニング株式会社。飲食事業に加え、自社グループ内でブランド鶏「華味鳥」の養鶏、加工、販売も手掛けている。そんな自社の強みを生かした新業態が、2020年11月、オフィスが集まる福岡・渡辺通にオープンした「とり焼肉酒場 鶏ん家(とりんち)」だ。華味鳥を使った鶏焼肉をリーズナブルに提供し、近隣に勤める30〜50代のビジネス層を中心に集客している。「脂身が多くやわらかい華味鳥は串打ちしにくく焼鳥には不向き。最もおいしく食べられる方法として、たどり着いたのが焼肉でした。福岡には、水炊きや鶏皮串など鶏肉の名物が多いですが、鶏焼肉は扱う店が少なく、他店と差別化もできると考えました」と、店長の高橋徹氏は語る。

長さ30cm の「名物 一枚ももカルビ」。自社で育てた「華味鳥」のもも肉を使い、福岡・糸島産の塩やハー ブで味付けしている。また、レモンと一緒に食べることで脂質吸収を抑えられることから、罪悪感なく食べられると好評
  • 「一枚ももカルビ」を焼く前に、レモンの果汁を網につけて肉の焦げ付きを防止。レモンは鶏肉とともに食べるのがおすすめ
  • 「鶏ホルモン盛り」(手前)や「バジルレモンハラミ」(奥)も人気。レモンサワーに合うよう味は濃い目

 看板メニューの「名物一枚ももカルビ」(890円)は、もも肉に塩とハーブで下味を付けて一晩寝かせたもので、30㎝ 、約270g のボリューム感が特徴。一番おいしい状態で食べてもらうために、スタッフが客席で焼くサービスも好評で、95%の注文率を誇る。ほかにも、自家製バジルソースに漬けた「バジルレモンハラミ」(570円)や味噌ダレに漬け込んだ「鶏ホルモン盛り」(860円)などが人気。「鶏肉は淡泊なので、お酒に合うように濃い目の味付けにしています」と、高橋氏はこだわりを語る。

(左から)「鶏ん家 純レモンサワー」(460円)、「ミントが主役!!レモンサワー」(570円)、レモンシャーベット入りの「女子力高めレモンサワー」(540円)が人気

 ドリンクは、国産レモンを使ったレモンサワーが売りで、一番人気の「鶏ん家純レモンサワー」(460円)など、7種類をそろえる。しっかり味付けされた鶏肉との相性も良く、肉の追加オーダー時には、多くの人がレモンサワーなどのドリンクも注文。「レモンサワーの平均オーダー数は一人4〜5杯。予想以上の人気で客単価も3500円と、想定より1000円ほど高いです」と、高橋氏は笑顔を見せる。

  • 3000円のパスを購入すると、系列5店舗の飲み放題が1カ月間無料になるキャンペーンを実施
  • 夜営業では弁当販売も行い、店頭看板でアピール。会社帰りに購入する人も少なくない

 今年5月には鶏の一品料理を11種類増やすなど、メニューを強化。卓上の調味料も一新し、マスタードやタルタルソースなど15 種を用意して〝味変〞が楽しめるようにした。「常連のお客様を飽きさせないように変化を加えながら、鶏焼肉を浸透させたい」と高橋氏。現在、「鶏ん家」の好調ぶりに手ごたえを感じており、今後、同業態での店舗展開を進めていく予定だ。

とり焼肉酒場 鶏ん家【福岡・渡辺通】
福岡県福岡市中央区渡辺通2-2-12
https://r.gnavi.co.jp/ns6u6wz80000/
福岡の西鉄・薬院駅から徒歩4 分。ヘルシーな鶏焼肉とレモンサワーを売りに、30 代以上のビジネス層を中心に集客。1 階にカウンターとテーブル席、2 階に座敷席があり多様なシーンに対応する。
店長 高橋 徹 氏
高校時代から「博多華味鳥」でアルバイトとして働き、2014 年、23 歳のときに株式会社トリゼンダイニングの社員に。その後、系列の洋食店の店長や管理職を経て、オープン時から現職。

全5ページ