店頭のメニュー看板や動画に外国人が注目!英会話帳も接客に貢献

広島・袋町駅至近の「ちんちくりん 大手町店」はぐるなびのセミナーに参加し、インバウンド対応の必要性を痛感。店頭看板に英語表記を追加し、お好み焼きの動画で流すことで外国人を集客する。

URLコピー

Vol.62

お好み焼・鉄板焼 ちんちくりん大手町店(広島・中区)

英語の各種ツールが大活躍。気軽な入店に効果大!

 広島電鉄の袋町駅から徒歩3分。「ちんちくりん 大手町店」は原爆ドームのそばにあり、繁華街が広がる好立地。広島城なども近く、昔から外国人観光客が多いエリアだ。

 代表取締役の川上博章氏が20年前に8席のお好み焼き店をオープン。その7年後、現副社長とあらためて起業し、「ちんちくりん」本店を薬研堀に構えた。2017年からはロサンゼルスにも3店舗オープンしている。「実はインバウンド対策よりも、海外出店が先。広島を訪れる多くの欧米系の外国人観光客に『ちんちくりん』をアピールし、ロサンゼルスの店舗での集客につなげたいという思いもあります」と話すのは、店長の山下浩司氏。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。