2021/03/16 特集

テイクアウトの“店頭”アピール術 ちょっとした工夫で、売上アップ 目に留まりやすく、分かりやすく!(4ページ目)

URLコピー

店頭にコンテナを設置して販売。道行く人にも認知され、売上好調!

BACCHUS TOYOTA[愛知・豊田]

写真付きの看板や紹介文を添えて注文しやすいように

 愛知の豊田市駅から徒歩3分。「BACCHUS TOYOTA」は、株式会社M&Mコーポレーションの代表取締役・鈴木充氏が、地元・豊田市で2013年にオープンしたカジュアルイタリアンの店。2018年2月に100mほど離れた現在地に移転し、30代以上の女性を中心に集客している。

店頭にコンテナを設置してオープンした「BACCHUS MARCHE」

道行く人に向け、道路に面しているコンテナの壁面にポスターなどを貼り、看板と合わせてテイクアウトメニューや営業時間などを掲示

 昨年4月から、店頭にあった車2台分ほどの空きスペースにテントを建て、「BACCHUS MARCHE(バッカス マルシェ)」として、テイクアウトの販売を開始した。「もともと、店頭スペースはテラス席やキッチンカーを設置するなど、店の宣伝につながることに活用したいと考えていました」と鈴木氏。加えて、より効率的に利益を生み出せる仕組みを作り、スタッフの報酬を上げたいと考えていたこともあり、テイクアウトに本腰を入れることを決断。同9月にコンテナを店頭に設置し、「イタリア料理店が手掛けるセレクトショップ」としてオープン。立ち寄ってくれた人が雨でも濡れないよう屋根を設置したほか、外看板も立て、道行く人にショップとして気付いてもらえるようにした。

ショーケースの中には前菜や菓子などを並べる。「選べる前菜4種盛り」は、全8種類から4種選んでもらうため、料理ごとに詳しい説明書きを添えている

店頭の掲示物はすべて鈴木氏がオリジナルで作成。店内で焼き上げるピッツァは、サイズを聞かれることが多いことからテイクアウト用の箱も掲示
店内で調理する本日のパスタとおすすめの「選べる前菜4種盛り」は、黒板を使ってアピール。料理の出来上がりを待っている人のためにデトックスウォーター(写真左上)も置いている

 テイクアウトを手掛ける際に重視したのは、「店内が満席でも回る仕組み」。「なるべくコンテナ内で完結できるよう、パックに入れた調理済みの惣菜、注文後にコンテナ内で簡単に調理して提供する料理を中心に、そのほか、店内で調理して提供する料理という3ジャンルで商品を構成しました」(鈴木氏)。そのためコンテナ内には、冷蔵ショーケースや温蔵庫、電子レンジ、トースターなどを設置。その場ですぐに提供できる惣菜や菓子類はショーケースに並べ、コンテナ内で調理して提供する「自家製パンのパニーニ」(540円)や「デリサラダ」(734円)などは、料理写真付きの看板を作成して掲示。店内で調理して提供する「本日のテイクアウトパスタ」(734円~)は黒板を使ってアピールしている。

愛知産のモモやイチジクなどを使った「バッカス自家製ジャム」(大561円、小216円)は、手に取りやすいようコンテナの壁面にボックスを取り付けて販売
(写真手前から左回りに)人気の「選べる前菜4種盛り」(1,080円)、「ミートラザニア」(同左810円)、「デリサラダ」(734円)。スイーツの詰め合わせ(2,160円)なども用意し、ギフトなどでも好評だ

 テイクアウトを始めてから、鈴木氏は来店客の反応を見ながら「何が求められているのか」を探り続けているという。「気が付いたのは、オードブルのニーズが高いこと。ただ、ご夫婦やお1人様の利用も多いので、品目を減らして前菜8種から4種類を選んでもらう『選べる前菜4種盛り』(1080円)として提供するようにしました」と鈴木氏は話す。4種盛りは黒板で案内するほか、ショーケース内の各前菜には、どんな料理なのか説明書きも添え、選びやすいようにしたところ、これを求めて来店する人が増加。人気メニューになった。

 現在では、惣菜の購入のために来店する人も多く、前菜・メイン・デザートをセットで購入する人も。中には、1万円程度まとめ買いする人もおり、昨年12月にはテイクアウトのみで約200万円を売り上げるほど好調だ。「テイクアウトをその場しのぎと考えていると定着は難しい。安心や品質が担保され、“行けば必ず欲しいものがある”という店でなければ、足を運んでもらえないのでは」と鈴木氏は語る。今後も飲食店の強みを生かした、テイクアウトに注力する考えだ。

BACCHUS TOYOTA[愛知・豊田]
愛知県豊田市西町5-24
https://r.gnavi.co.jp/nb3r900/
豊田市駅前にある一軒家のイタリアンレストラン。契約農家から仕入れる野菜を使い、季節に合わせた料理を提供。ゆったりと過ごせる空間で、特に30代以上の女性から支持を集める。
代表取締役 鈴木 充 氏
イタリア料理店での修業を経て独立し、2006年に愛知県岡崎市で「BACCHUS」を開業。現在は3店舗を経営している。

全5ページ