2012/05/09 特集

おいしい料理写真の撮影レシピ(2ページ目)

URLコピー

ポイント1 明るくキレイに撮る

「露出補正」の目盛りを動かして被写体をもっと明るく見せる

料理をおいしく見せるためには、画面を明るくすることがまず重要。被写体が暗くくすんでいては、食欲の沸く写真にはならない。白い部分ははっきりと白く打ち出し、素材のディテールをしっかり伝えてこそ、お客に訴えかける力が生まれる。

「そこで便利なのが『露出補正』機能です。『A』モードでは、カメラが画面の明るさを自動で調整していますが、『P』モードに切り換えると、ディスプレイに表示されるバー上の目盛りをプラスマイナスの方向に動かすだけで、写真を自由に明るくしたり暗くしたりできます」(斎藤氏)。

露出を「+」に補正して軽やかな白を再現しよう

まずは白っぽいメニューの場合。露出補正なしでショートケーキを撮影したのが写真左下(±0)。この状態で白いものを撮ると、カメラが「明るすぎる場所だ」と誤認識することで、画面全体がどんよりとくすんでしまうケースが少なくない。

「その場合は『露出補正』を+方向に1目盛りずつ動かし、生クリームの輝きが出つつ、微妙な濃淡が消えない程度まで明るくしましょう」(斎藤氏)。

+0.7補正。生クリームの白と微妙な濃淡がうまく表現できている
露出補正なしで撮影。生クリーム、お皿ともに暗い
+1.0は少し明るすぎ。これだと微妙な濃淡がでない

露出を「−」に補正して濃厚な黒を表現しよう

デミグラスハンバーグのようにダークな色合いの料理は、左下の写真(±0)のように露出補正なしで撮影すると、明るくなって重厚感が伝わらないことがある。その場合はソースのコッテリ感、照りを伝えるため、目盛りを-方向に動かしてみるといい。

「この際、暗い部分を真っ黒にし過ぎてしまうと、肉の質感が消えてしまって逆効果。露出を-に微妙に調整して、見た目の黒を再現しましょう」(斎藤氏)

ソースの濃厚さや肉の質感も出つつ、黒くつぶれてもいない
露出補正なしではソースの色が薄く、重厚感も不足
−1.0補正では深みは出たが、肉の質感がでていない

白い料理と暗めの食べ物一緒に見せたい場合は?

下のように、白と暗い色の食べ物、両方がある場合はどうしたらいいのか。 「±」両側に目盛りを動かして、試してみるのが一番だが、白に合わせて+に露出補正した方が美しく仕上がるケースが多い。(下の場合は+0.7がベストの色合い)

全4ページ