2019/11/12 特集

アルコール離れに負けない! お酒が売れる店(5ページ目)

URLコピー

【超お得な会員制度】安く飲める会員サービスや豊富な飲み放題プランで多くのリピーターを獲得

お好み焼き・やき鳥 ジュウジュー 東五所本店【千葉・市原市】

長年、地元密着で運営し、ファミリーを多数集客

 千葉県市原市の幹線道路沿いにある、お好み焼きと焼鳥が二大看板の「ジュウジュー東五所本店」。25年の歴史があり、近隣のファミリーを中心に幅広い客層が訪れる。ランチタイムから深夜まで通しで営業しており、個室が充実しているため宴会の需要も高い。「ただ、駅から離れた立地のため、車で来店する人や子ども連れのお客様も多く、アルコールの注文があまり伸びませんでした」と、店長の佐藤翔一氏は振り返る。そこでまず、昨年7月に「30日間月額飲み放題」(3300円)のサービスを開始し、手応えを実感。そして、今年10月からは新たにグランドメニューの全ドリンクが30日間半額になる「会員権」(550円)を発行。地元の常連客を中心に好評を得ている。

500円(税別)の「会員権」を購入すると、その日から30日間、グランドメニューの全ドリンクが半額になる。グループ全員に「会員権」があることが条件となるため、常連に連れられた新規客も購入するなど、リピーター獲得に結びついている

 また、飲み放題プランにも力を入れており、月~木曜日限定「サク飲みプラン」(120分1738円)や、「ゆったり飲みプラン」(150分2178円)、開店直後の17~24時まで最長7時間飲み放題となる「てっぺん飲み放題」(2167円)などを用意。「お得な会員サービスや様々な飲み放題プランを用意したことで、着実にドリンクの売上比率が上がっています」と佐藤氏は話す。加えて、来店客の半数以上を占めるファミリーに向けては、小学生までの子どもを対象に、通常979円の「ソフトドリンク飲み放題」を550円で提供して喜ばれている。さらに、「ジュウジュー」グループ全5店舗で使える「魔法の券」も発行。これは、次回来店時に利用金額からおよそ半額が割引されるサービス券で、再来店やリピーターの獲得につながっているという。

  • 使用した金額に応じて、次回来店時に使える割引券「魔法の券」。飲み放題などとの併用はできないが、割引率が高いため人気
  • お好み焼き「1010(ジュウジュー)焼」(1,111円)はふわとろの食感で、来店客のほとんどが頼む人気メニュー

 アルコールメニューでは、「獺祭」の麦焼酎やクラフトジンを使った6種の「プレミアムハイボール」(638円~)、こだわりの銘柄焼酎で作る「プレミアム生レモンサワー」(638円~)など、トレンドのドリンクも用意。これから始まる忘新年会シーズンは、120分飲み放題付きの「ズワイガニと牛しゃぶ食べ放題」(5500円)などを打ち出し、多くの予約獲得を目指す。

  • (右)ビームハイボール 418円(左)ビームハイボールキングサイズ 913円 人気のハイボールやレモンサワーは、通常の量の約3倍の「キングサイズ(1000ml)」も用意しており、インパクト大で好評
  • 焼酎の銘柄のほか、すっぱさも好みで選べる「プレミアム生レモンサワー」。宴会の盛り上がりにも一役買う
お好み焼き・やき鳥 ジュウジュー 東五所本店【千葉・市原市】
千葉県市原市東五所8-10
https://r.gnavi.co.jp/p881703/
全112席で2~40名の個室を備えており、宴会や地域の集まりでの利用が多い。2階は60名までの貸切にも対応。無料送迎サービスも実施し、周辺の企業や地元住民の利用率が高い。
店長 佐藤 翔一氏
新潟県出身。地元の割烹料理店での修業を経て、2014年に入社。2015年に同店の料理長に就任し、2018年4月から店長として活躍。

全5ページ