PR

【PR】【ネスカフェ リオナ】1台のディスペンサーでランチのコーヒーも味噌汁も提供できる!

集客効果の高いランチのコーヒーサービス。忙しい時間帯だけに、スムーズなオペレーションも大切なポイントだ。そこで人気なのがドリンクディスペンサー。中でも驚くほどスリム&コンパクトなのに、コーヒーや紅茶の他に味噌汁なども提供できるとあって注目されているのが、ネスレ日本の『ネスカフェ リオナ』。導入店にお話を伺った。

URLコピー

『ネスカフェ リオナ』で、お客様もスタッフも満足度アップ!

導入した『ネスカフェ リオナ』は奥行き505mm幅240mm高さ605mmのコンパクト&スリム。狭い厨房でも設置が可能だ。

自慢の手作り鶏スープに負けない味噌汁の美味しさが、導入の決め手。

『ネスカフェ リオナ』の設置が決まってすぐに、吉田店長が作成した「選べるスープ」を入れたランチメニュー。 

 伺ったのは、東京にある『ひないや吉祥寺店』。秋田名物の比内地鶏を使ったきりたんぽ鍋ややきとりが堪能できる人気店だ。ランチには比内地鶏 親子丼など6メニュー。全てにコーヒーサービスがあり、4つのメニューにはスープも付いている。

 『ネスカフェ リオナ』を導入したのは「ディスペンサーがコンパクトな上に、コーヒーだけでなく味噌汁の提供もできるのが大きな魅力でした」と語るのは、オーナー店長の吉田辰樹さん。とはいえ「こだわりの鶏スープ同様、美味しいことが大前提。試飲したら香りもよく美味しくて、これなら当店でもぜひ提供したい、と導入を決めました」とのこと。

コーヒーも味噌汁もパウダータイプ。濃度のカスタマイズもできる。

『ネスカフェ リオナ』のドリンクは全てパウダーなので、料理に合わせて濃度が調節ができる。 

 『ネスカフェ リオナ』は、味噌汁もコーヒー同様にパウダータイプで、好みの味わいに濃度をカスタマイズすることができる。「当店の料理に合わせるために、少し薄めの濃度調節をしてもらえたので、ますます自信を持って提供する一杯になりました」。

 味噌汁は常連のお客様にも好評で、多い日は半数、平均して4分の1ほどが味噌汁をオーダーする。「日によって、あるいは二日酔いや体調に合わせて、鶏スープか味噌汁かを変えたり…。もうすぐしじみの味噌汁も登場するとか。きっとお客様に喜ばれます。楽しみですね」。

アツアツの味噌汁も約15秒で!ランチ提供がよりスムーズに。

味噌汁用の椀をセット、ボタンを押せば約15秒でアツアツの味噌汁に

 実際に導入してみて、あらためて感心したのがドリンクディペンサーとしての機能の高さ。ボタンを押して約15秒でドリンクが完成。コーヒーはこれまでのマシンの約半分の時間で入るとのこと。鳥スープの場合は、ガスコンロで温めているので途中で濃度や味わいのチェックが必要だが、「味噌汁ならボタンを押すだけでアツアツの一杯がすぐに入り、ランチ提供がよりスムーズになりました」。 

内蔵タンクは2.5リットル。水やコーヒーなどの補充もラクラク!

親子丼ができたら、すぐに『ネスカフェ リオナ』で味噌汁を入れてお盆にセット。ストレスなく用意できる。
入れたてのアツアツの味噌汁をお客様に。運んでいても「香りがいいんですよ」とスタッフ

 『ネスカフェ リオナ』導入は、スタッフにも大好評だと言う。「水道直結ではなく内蔵タンク方式なので、配膳台近くのカウンターにマシンを設置できました。『ネスカフェ リオナ』から客席に運ぶまでの動線に無駄がなく、配膳がスピーディになりました」。

 そして内蔵タンクには2.5リットルも入るため、ランチ中でも一度水を足せば十分。コーヒーパウダーもたっぷり充填でき、補充頻度は週に1、2回程度で手間がかからない。 しかも「コンパクトだから、背が低いスタッフでも補充が簡単なのも助かります」。

毎日のディスペンサーの洗浄は、営業後10分ほど。誰でもできます!

内部の構造は至ってシンプル。それぞれのパーツを取り外せるので、洗浄も簡単だ。

 いくら手軽に提供できても、毎日の洗浄が手間取ってはスタッフの負担になるが、「部品を取り外せ、食器を洗うように洗浄するだけ。驚くほど簡単にできますよ。パウダータイプなので、コーヒーの豆かすの処理がないのもいいですね。フィルターもないのも手軽です。スタッフの誰でもセットアップや洗浄ができるので、大助かりです」。この点も設置して良かった大きなポイントだそうだ。

ホットとアイスを含め、最大12のメニュー提供が可能!

スリム&コンパクトな機種なので、狭いカウンターにも設置できた。
カップやグラスをセットするスペースは幅14.4mm、高さは15.5mm

 同店ではコーヒーと味噌汁を利用しているが、『ネスカフェ リオナ』は1台で紅茶や抹茶ラテ、ココア、コーンスープなどもセットできる。コーヒーや紅茶、ココア、抹茶ラテなどは氷を入れたグラスに注げばアイスメニューにもなり、このコンパクトさで、最大12種類のメニュー提供が可能というのだから驚きだ。ドリンクメニューの充実度は、お客様がお店選びをする際の大きなポイント。 

 『ネスカフェ リオナ』なら狭いスペースに設置でき、メニュー数は多く、使い勝手も簡単だ。『ひないや吉祥寺店』のようなランチのみの利用も含め、今後ますます注目されるドリンクディペンサーとなるはず。ぜひ、チェックしてみて欲しい。

比内地鶏やきとり×きりたんぽ ‐ひないや‐ 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 六鳴館ビル2F
https://r.gnavi.co.jp/g280300/
日本三大地鶏「比内地鶏」を使った各種メニューが堪能できる。絶品の鳥スープがたまらない秋田名物「きりたんぽ鍋」や各種焼き鳥、そして究極の親子丼も大人気。そのほか秋田の食材を使った料理、そして秋田の日本酒や焼酎のラインナップも充実している。地元の常連客はもちろん、吉祥寺に遊びにきた観光客にも人気だ。
オーナー店長 吉田辰樹氏
常に新しい情報をキャッチし、お客様により喜ばれるお店作りを心がけている。ランチは「ほぼ毎日通う」という常連客も多く、大人気。コーヒーが付いていることに加え、『ネスカフェ リオナ』によって鳥スープの他に味噌汁も選べるように。「お客様により喜んでもらえている。それが一番嬉しい」とのこと。

▼ネスレプロフェショナル
https://www.nestleprofessional.jp/

▼ネスレお店専用サービスはこちら
https://www.nestleprofessional.jp/

※本記事の情報は記事作成時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報はご自身でご確認ください。

URLコピー