2018/02/26 NEWS

「外食アワード 2017」の表彰式開催。2017年の外食キーワードも発表

その年の外食産業界で活躍した人、話題になった人を表彰する「外食アワード」。2017年の表彰式が2月22日に行われ、「外食事業者部門」では6名が受賞。2017年の外食キーワードも発表された。-NEWS

URLコピー
外食産業界で活躍した人を表彰

「外食アワード 2017」の表彰式開催。「外食事業者部門」は6名が受賞、2017年の外食キーワードも発表!

「外食アワード 2017」の受賞者たち。(前列右から時計周りに)株式会社トランジットジェネラルオフィス 代表取締役社長 中村貞裕氏、株式会社 テン コーポレーション 代表取締役社長 用松靖弘氏、がんこフードサービス株式会社 代表取締役会長 小嶋淳司氏、NPO法人 ワークスみらい高知 代表 竹村利通氏、株式会社act coffee planning 代表取締役 阪本義治氏、株式会社NATTY SWANKY 取締役副社長 田中竜也氏、同・代表取締役社長 井石裕二氏、宝酒造株式会社 代表取締役社長 村田謙二氏

外食業界の発展と外食文化の醸成に寄与することを目的に、食材供給、流通、外食事業の報道に携わるメディア17社で構成する「外食産業記者会」が、その年の外食産業界で活躍した人、話題になった人を表彰する「外食アワード」。14回目を迎える「外食アワード2017」の表彰式が2月22日、東京・内幸町にて行われた。

今回は、「外食事業者部門」として用松(もちまつ)靖弘氏(株式会社 テン コーポレーション 代表取締役社長)、小嶋淳司氏(がんこフードサービス株式会社 代表取締役会長)、井石裕二氏(株式会社NATTY SWANKY代表取締役社長)、田中竜也氏(同・取締役副社長)、中村貞裕氏(株式会社トランジットジェネラルオフィス 代表取締役社長)、竹村利通氏(NPO法人 ワークスみらい高知 代表)が受賞した。また、「中間流通・外食支援事業者部門」として阪本義治氏(株式会社act coffee planning 代表取締役)、「食材事業者部門」として村田謙二氏(宝酒造株式会社 代表取締役社長)が選ばれた。

表彰式では、受賞者がそれぞれ感謝を述べるとともに、自社の取り組みなどについて紹介。一般社団法人日本フードサービス協会第17代会長の菊地唯夫氏が祝辞として「今回の受賞者の方々は、日本らしい食文化の価値を生み出している人たちだと思う。外食産業全体で魅力ある多様な価値観に応えられるようにしたい」と語った。

また、会場では2017年を象徴する「外食キーワード」も発表。「低糖質メニュー」「レモンサワー」「ノーショウ」「M&A」「グローサラント」(大手スーパーなどが食品小売りの枠を超え、店内に飲食スペースを設けたり、目の前で作った惣菜を売るようになった業態のこと)「出前代行サービス」が選ばれた。

続く懇親会では、2010年の外食アワードを受賞した中村仁氏(株式会社トレタ 代表取締役)が乾杯の発声を行い、集まった外食企業の経営者や外食産業関係者はそれぞれ親交を深めた。

一般社団法人日本フードサービス協会第17代会長の菊地唯夫氏が「受賞者の方々を見習い、日本の食文化を尊重し、日本らしい外食産業の在り方を追求していきたい」と語った