身体の柔軟性を高める運動 10

股関節の動きにも影響があるお尻の筋肉をほぐしましょう!

 今回は、お尻の筋肉に効く運動。

 Aは、お尻の後ろから外側にかけての大臀筋(だいでんきん)に効く運動。お尻を着いて膝を立てたら、両手を後ろへ。片脚を曲げ、足首あたりをもう一方の脚の膝の上に置き、30秒キープ。左右の脚で行いましょう。

 Bも大臀筋に効く運動。うつ伏せのような体勢で、両肘を地面に着いたら、片脚の膝が腹部の下にくるように。この状態を30秒キープします。左右の脚でチャレンジ。

 Cは、お尻の横の上側にある中臀筋(ちゅうでんきん)に効きます。横向きに座り上体を立てたら、下の脚を伸ばします。上の脚は膝を立てて下の脚の前へ置いて30秒。左右で行います。

 Dは、お尻を着いて座り、片脚の膝を曲げて外に向けます。その上にもう片方の脚の足首部分を置いて30秒。股関節の奥にある外旋六筋(がいせんろっきん)に効きます。左右の方向で。

上体が後ろに倒れすぎないよう、なるべく立ち膝に近づけます。背筋も伸ばして。

A. 上体が後ろに倒れすぎないよう、なるべく立ち膝に近づけます。背筋も伸ばして。

お尻を後ろに突き出し、上体が上がらないようにして、背すじも伸ばしましょう。

B. お尻を後ろに突き出し、上体が上がらないようにして、背すじも伸ばしましょう。

なるべく上体を立てて、お尻の筋肉が伸びているのを感じながら行いましょう。

C. なるべく上体を立てて、お尻の筋肉が伸びているのを感じながら行いましょう。

上体はなるべく正面を向き、後ろに倒れすぎないように注意しましょう。

D. 上体はなるべく正面を向き、後ろに倒れすぎないように注意しましょう。

ストレッチ監修
齋藤 邦秀 氏

NESTA JAPAN エグゼクティブ・オペレーショナル・チーフ。パーソナルトレーナーとして多くの方へのトレーニング指導のほか、雑誌「TARZAN」などのメディア監修を多数行う。著書に「1日3分 通勤ストレッチ!」(徳間書店)がある。http://www.nesta-gfj.com

ぐるなびPRO© Gurunavi, Inc.