BEST OF MENU 上位入賞者の活躍 林 武人シェフ - ぐるなびシェフ -

2012/04/03

今、実力を試す時。ぐるなびシェフ BEST OF MENU 2012 作品募集中!一時締切3月30日(金)

今年もいよいよ日本最大級の料理コンテスト『ぐるなびシェフBEST OF MENU2012』の応募がスタート!そこで同コンテストで、過去に優勝したシェフにさまざまな角度からお話を伺いました。ぜひ応募の参考にしてください。

林 武人(ハヤシタケヒト)シェフ / ナチュラルセンスいのせ

1973年茨城県出身。高校卒業後、横浜にあるレストランに入社し、料理の基礎を学ぶ。本場の味を知り、技術の向上を図るために渡仏し、5年間に10店舗ほどの店で修行。帰国後は『ナチュラルセンスいのせ』でフランス料理を担当。和食の父、中華料理の兄とともに、和洋中をコラボさせた、他店にはない料理を提供している。

* 『ぐるなびシェフBEST OF MENU 2009』最優秀賞受賞

* 受賞作品/黒豆と麦茶のサバラン・ホワイトチョコのヴァシュランカプチーノ仕立て

BOM応募~優勝までのエピソード

 『ぐるなびシェフBEST OF MENU』に応募した一番の理由は、憧れの料理人の先生方が審査員だったから。あの方々に自分の料理を食べてもらえると考えただけで、すごい励みになりました。2007年に入賞、2008年は予選で落ち悔しい想いをしたこともあり、2009年のコンテストを目指し、1年間メニューを考え続けました。今度こそ、もっと先生方に褒めてもらえるように。その一念でしたね。

受賞後の活動内容

 最優秀賞受賞後は、ぐるなびの各種媒体はもちろん、朝日新聞、毎日新聞、茨城新聞など、マスコミから取材を受ける機会が増えました。また、ぐるなびを通じてコンビニエンスストアのデザートやお弁当の開発などを行なったほか、大手通販会社から、父、兄とのコラボ企画として、家庭でも手軽におかずが作れるソースの開発および監修の依頼を受けました。地方にある小さな当店への依頼に、正直驚きましたが、これもマスコミで紹介されたおかげだと思いました。開発から1年が経ちましたがソースは好評とのこと。料理人として新たな可能性を実感することができ、本当に感謝しています。
 このほかぐるなびから声をかけていただき、被災地へ料理人として応援に行くことができ、少しでも貢献できたことが印象深い体験でした。
 受賞作品は3年経った今も好評で、当店としては価格帯の高いコースのデザートとして提供しているのですが、記念日や大切な方をご招待した時など、特別な日にご利用いただくことが多く、今でも変わらぬ人気です。
 受賞店ということで、遠くから食べにきてくださる方も多くなりました。

BOMに出場してよかったこと

 憧れの先生方に試食していただき、評価をいただけたことですね。先生方の言葉は、一生の宝物です。
 受賞後は商品開発や取材を通して、それまでなら出会えなかったその道のプロの方々と出会い、世界が大きく広がりました。
 そしてなにより大きな財産になったと思うのは、コンテストを目指して努力したことで、自分の技術力が驚くほど進化し、モチベーションがアップしたこと。そのことが日々の仕事にも活かされ、より料理に磨きがかかりました。
 また、決勝大会のシェフたちとの出会いは、良い刺激になりました。今でも交流が続いている方もいるんですよ。

これから応募する人へのアドバイス

 僕は複数応募したので、選に漏れた料理も多数あります。でもその中から当店の人気メニューへと変貌したものも。頑張れば、きっと新たな可能性へと結びつくはず。そう信じて、ぜひチャレンジしてほしいですね。
 それから最初は書類審査ですから、そのレシピにどんな思いをもって開発したのか、その背景もきちんと伝えることが、とても大切だと思います。

【受賞作品】黒豆と麦茶のサバラン・ホワイトチョコのヴァシュランカプチーノ仕立て
【受賞作品】
黒豆と麦茶のサバラン・ホワイトチョコのヴァシュランカプチーノ仕立て
レシピはこちら>>
表彰式の模様
表彰式の模様
審査会の様子
審査会の様子
商品化したメニュー
商品化したメニュー

今、ぐるなびシェフBEST OF MENU2012 上位入賞者の活躍

今すぐチェック

ぐるなびPRO for 飲食店

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.