株式会社 永遠希 小田利明氏

Vol.241

こだわりが店の雰囲気をつくり出す

(株式会社 永遠希 代表取締役 小田利明氏)

 最近、高級店に行くことが多いので、今回はその中で印象的だった広島・八丁堀にある「たこつぼ」さんを紹介します。

(写真1)「たこつぼ」の店内。こじんまりとしているが、カウンターには旬の食材や料理が並ぶ

(写真1)「たこつぼ」の店内。こじんまりとしているが、カウンターには旬の食材や料理が並ぶ

 料理はおまかせのコース(10,000円~)が基本。そのためメニューに載っているのはドリンクのみで、コース内容は書いていません。何が出てくるのかわからないところが、ワクワクします。おばんざいの前菜から始まり、刺身は盛り合わせで出てくるのではなく、1品ずつ小鉢に盛られ、その都度説明してくれます。カウンターで腕を振るう大将のこだわりを感じますね。そのほか、サザエの壺焼きやあわび、鮎の塩焼きなど、次々と料理を出してくれます。

 料理はもちろんおいしかったのですが、心地いい雰囲気もよさの1つ。大将は一見、愛想がなさそうに見えますが、優しさを感じます。こんなギャップに女性は弱いと言いますが、男も弱いですね(笑)。奥さんが女将を務めていることで、空気が和みますね。12席あるカウンターは満席で、大将から「これは今すぐ食べて」と声をかけられたりと、料理や食べ方へのこだわりが伝わります。女将さんがそれをフォローするようなところも見え、ご夫婦のすごくバランスのとれた雰囲気がお店に表れていると思いました。

 シメのごはん物とデザートをいただいたところでお腹がちょうど満腹の一歩手前くらいになり、ベストな状態。値は多少張りますが、それが気にならないくらい、料理のおいしさ、大将のこだわりのトーク、雰囲気のよさを感じました。お店に個性があり、おいしいものを食べたい人をぜひ連れて行きたいお店です。

(写真2)料理は様々なものが少しずつ提供される

(写真2)料理は様々なものが少しずつ提供される

(写真3)大将と女将さんが温かい雰囲気をつくっている

(写真3)大将と女将さんが温かい雰囲気をつくっている

株式会社永遠希
代表取締役
小田利明氏

1965年広島県広島市生まれ。美容専門サロンの営業職を経て、1995年30歳で起業。2000年に有限会社永遠希を設立し、2005年に株式会社永遠希に変更。現在、「囲酒家 永遠の縁卓」など広島市内に7店舗を展開中で、2013年タイ・バンコクにも「永遠希」をオープンさせた。

ぐるなびPRO© Gurunavi, Inc.