コース料理も「ぐるなび外国語版」でアピール

ぐるなびでは、2015年1月に「ぐるなび外国語版」リニューアルし、「メニュー情報一元変換システム」を開発。2016年1月28日からは、セット/コース料理も4言語での情報発信が可能になった。

URLコピー

2015年、日本を訪れた訪日外国人旅行者(インバウンド)は2014年の1,341万人を大きく上回り、1,973万人を記録。いよいよ「2,000万人時代」が現実のものとなってきた。近年、爆発的に増える訪日外国人に対してぐるなびでは、2015年1月に「ぐるなび外国語版」を大幅にリニューアルし、「メニュー情報一元変換システム」を開発。メニュー情報を日本語入力で多言語(現在は英語、韓国語、中国語の繁体字・簡体字の4言語)に簡単に変換・発信することを可能としている。

その後、ドリンクの情報発信機能が追加され、1月28日(木)からは、セット/コース料理も前述の4言語で情報発信できるようになった。もちろん登録は、「ぐるなびPRO for 飲食店」の管理画面から、日本語で入力・選択していくだけの簡単なもの。セット/コース料理が売りの店や高級店も、「ぐるなび外国版」を活用して店を探す外国人に自店の魅力をアピールしていただきたい。

拡大する訪日外国人マーケットに対応しませんか?
ぐるなび外国語版はお店の売上促進を支援します

詳細はこちら

※本記事の情報は記事作成時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報はご自身でご確認ください。

URLコピー