相撲にちなんだディスプレイと本格ちゃんこ。外国人客の要望にも対応

往年の人気力士・霧島の店として名高い、「ちゃんこ霧島」。売りである“霧島味”のちゃんこは、英語のメニューブックを用いて店頭でもしっかりアピール。個性的なメニューなど、外国人に人気の秘密をレポート。

URLコピー

Vol.63

ちゃんこ霧島 両国江戸NOREN店(東京・両国)

外国人客のニーズを考え、心配りあるおもてなしを

 20年ほど前に、JR両国駅前に移転してきた「ちゃんこ霧島 両国本店」は、現陸奥親方で、往年の人気力士、大関・霧島の店として名高い。「本店では5年ほど前から外国人のお客様が目立つようになりました。ちゃんこをお相撲さんの食べ物と理解し、わざわざご来店くださる方が多いです」と、常務取締役の山中秀樹氏は話す。一方、2016年11月には「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトに、12の和食店を集めた「-両国-江戸NOREN」内に、2号店となる「ちゃんこ霧島 両国江戸NOREN店」を出店。観光案内所も入っている「-両国-江戸NOREN」を訪れる観光客は多く、様々な店を覗きながら、施設内を回遊している外国人もよく見かけるという。彼らを引き付けるのが、店の前にカラフルな相撲のぼりが立ち、入口正面には霧島の優勝額のレプリカが飾られた同店だ。なかには食事をせずに、額の前で写真を撮り、店内も撮影してそのまま出て行く人もいるそうだが、山中氏は、「SNSでライブ配信してくださる方もいらっしゃるので、宣伝と考えています」と話す。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。