ブロガー効果や、ネット予約で集客に成功!外国人シェフの採用で接客力もアップ

接客の語学レベル向上のために外国人シェフを採用したり、SNSへの投稿を促進する企画を実施したりと、積極的にインバウンド応対を進める「みやざき館」。その取り組みにフォーカス!

URLコピー

Vol.64

宮崎牛・鉄板焼ステーキ みやざき館(大阪・心斎橋)

コース提供の前に、苦手な食材やアレルギー、焼き加減、追加注文などを確認。指差し確認も可能なシートを用意する

外国人ブロガーを招き、口コミ効果を最大限に活用

 JA宮崎経済連のグループ会社、株式会社ミヤチクが運営する宮崎牛専門店。牛の肥育から手がける強みを活かし、「生産者の想いを伝えるレストラン」として宮崎県内の4店舗に加え、福岡にも出店。大阪・心斎橋には2014年9月オープン。「外国人が数多く訪れ、世界に『宮崎牛』を発信できる場所です」と店長の櫻井徹弥氏は話す。

 来店客のうち、外国人は約65%(うち9割が中国・香港・台湾・韓国から)。インバウンドの集客を本格的に始めたのは2015年で、まずは台湾のパワーブロガーを招聘。それに合わせてFacebookの中国語ページを開設し、海外のガイドブックやクーポンサイトにも広告を出稿した。「なかでも一番費用対効果が高かったのは、ブロガーです。公開後、すぐに台湾からの観光客が増えました」(櫻井氏)。その後も台湾のブロガー3名を招き、最近では韓国人ブロガーが記事をアップしたところ、韓国からの観光客も目に見えて増加したという。

この続きはPRO会員限定記事です。
PRO会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。