和牛で外国人観光客をトリコにする、浅草の焼肉店のインバウンド集客術

東京・浅草にある「一頭買焼肉 玄 浅草本店」。アジア圏のほか、欧米からのインバウンド観光客の来店が多く、メニューブックは英語版と中国語版を用意しています。アジア人と欧米人の好みを踏まえ、何度もブラッシュアップすることで集客につなげています。

URLコピー

更新日:2024.02.22

浅草の人気焼肉店「一頭買焼肉 玄」が、和牛の魅力と独自のインバウンド戦略で外国人観光客の心をつかんだ方法を紹介します。東京の観光名所・浅草エリアにあるこの店は、リーズナブルな価格で高品質の和牛を提供し、多言語対応のメニューブックでさまざまな国の観光客を迎えています。集客の鍵となるメニュー改善やサービスの工夫、さらには異文化間のマナー対応など、店長の小泉秀明さんの戦略と挑戦を紹介します。

※本記事の情報は記事作成時点のものであり、現時点での情報の正確性を保証するものではございませんので、ご注意ください。

▼ぐるなび公式Xアカウント▼
ぐるなび - 飲食店様のお役立ち情報

(よろしければ、こちらもぜひフォローお願いします!)

一頭買焼肉 玄 浅草本店(東京・浅草)

ベジタリアンにも柔軟に対応。メニューにない料理も提供

東京・浅草の浅草寺にほど近いビル2階に店を構える「一頭買焼肉 玄」。観光客が行き交うにぎやかな一画に2009年オープンし、生産者から一頭買いする山形県産黒毛和牛「雪降り和牛尾花沢」のほか、松阪牛、神戸牛など日本を代表するブランド牛をそろえています。「コンセプトは、和牛をリーズナブルに提供すること」と店長の小泉秀明氏は話します。

外国人歓迎の意思と外国語メニューありをアピールし、2階入口へ誘導

メインターゲットは日本人ですが、当初からインバウンドの集客も視野に入れていたとのこと。まず、タイ・フィリピン・ベトナムなど東南アジア圏からのツアー客のランチ利用を誘致。その後、次第に欧米や中国からの団体客も獲得し、クチコミにより個人で来店する外国人も増えていったそうです。インバウンドの伸びが顕著になった頃からは、中国人の団体ツアーをメインに受け入れてきましたが、件数が増えるにつれ、「靴のまま座敷に上がる、従業員を家来のように扱う、化粧室を汚すなど、見過ごせないマナー違反も起こりました」と小泉氏は語ります。そこで、団体客用の座敷はテーブル席に改装し、内装をリニューアル。従業員に対しては、無理な要望には毅然とした態度で「NO」というように伝え、化粧室には使い方の案内を掲示するなど、そのたびに改善を重ねました。

化粧室内のトラブルが多かったため、使い方、使用後の紙の処理などPOPで注意を喚起

また、さまざまな国から外国人客が訪れるようになると、ベジタリアンのほか、宗教上の理由から食べられる料理に制約がある人も来店するようになりました。「団体の場合は事前にツアーガイドさんと打ち合わせし、海鮮や野菜焼きのほか、通常メニューにない料理も提供してニーズに応え、『できません』とは言わないようにしています」(小泉氏)。メニューブックは、自社で作成した英語版と中国語版を用意しました。ですが、例えば「トモサンカク」など、肉の部位を細かく分けた日本語を直訳しても外国人には通じないことや、アジア人は脂身の多い部位、欧米人は赤身を好むこともわかってきました。そこで、海外の飲食店のサイトなどを参考に何度もブラッシュアップ。言葉に関しては、小泉氏が接客する中で必要最低限の英会話はマスターし、ボディランゲージも交えて応対しているそうです。

価格を明記した店頭の外国語メニュー。外国人が安心して入店できる
メニューは英語と中国語の2種類(写真は英語版)。店内では、3つのシートをセットにしている
普通・上・特選・超特選など、グレードと価格帯別に掲載
  • 盛り合わせは誤解を生じやすいため、写真にも何人分なのかを明記
  • 海外で最も知名度が高い神戸牛は昨年から仕入れる。知名度が抜群でオーダーも多い

販促面では、「ぐるなび外国語版」などを活用し、露出を強化しました。こうした取り組みの結果、来店客の約3割を外国人客が占めるように。今後は「外国人用のメニューをさらに充実させ、タブレットやお客様のスマートフォンを活用したオーダーシステムを導入したい」(小泉さん)と、インバウンド集客に一層力を入れていく考えだそうです。

多彩な決済方法を導入。欧米系はクレジットカード、中国人はQRコード決済が多いという。また、トリップアドバイザーのステッカーを貼り、投稿を促している
  • サワーや焼酎は、原材料がわかるように表記を工夫。内容を理解しやすいように努めている
  • 小学生以下を対象とした、おもちゃが当たるくじ引きは外国人の子どもにも大人気
一頭買焼肉 玄 浅草本店(東京・浅草)
東京都台東区浅草1-42-4 電気館ビル2F
https://r.gnavi.co.jp/ga99200/
「浅草演芸ホール」のそばにあり、周辺は人気散策コース。上質の和牛をリーズナブルに楽しめ、一頭買いする「雪降り和牛尾花沢」の、様々な部位が楽しめる盛り合わせなどが看板メニュー。
店長 小泉 秀明 氏
東京・銀座の高級鉄板焼き店などを経て、2013年に「一頭買焼肉 玄 浅草本店」へ。現在は店長として、接客を通して身に付けた英会話で日々笑顔とともにインバウンドをもてなしている。

インバウンド集客に関する疑問や不安、具体的な相談事があれば、ぐるなびにお気軽にご相談ください。

「ぐるなび通信」の記事を読んでいただき、ありがとうございます。

ぐるなびでは、多くの飲食店経営者様との長年の実績を持ち、業界の専門知識を活かしてお手伝いさせていただきます。安心してお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ