インバウンド集客で差をつけろ!飲食店経営者が今すぐ実践すべきテクニック集

この記事では、飲食店経営者がインバウンド集客を最大限に活用するための戦略を探求します。外国人観光客を対象にしたビジネス成長の鍵として、ターゲット市場の特定から文化的配慮、言語対応、デジタルマーケティングの活用まで幅広くカバー。顧客が忘れられない体験を得られるよう店舗の雰囲気やメニュー選定にも焦点を当て、持続可能な成長と市場の変化への柔軟な対応を目指します。

URLコピー

「インバウンド集客」という言葉を聞いたことはありますか?ここ数年の環境変化が著しい飲食業界においても、インバウンド集客はただの流行り言葉ではありません。国内のみならず海外からのお客さんを効率的に集客することは、飲食店の成功にとってますます重要な要素となっています。しかし、多くの飲食店経営者にとって、大きく変化してきたここ数年の状況から飲食業界が回復する中、インバウンド集客は数年前に一時的に優先順位を下げざるを得なかった領域。どこから再度手をつければいいのか分からないものです。

この記事では、まず、インバウンド集客の基礎知識を理解し、それがなぜ飲食業界で重要なのかを探ります。その後、国内外の成功事例を分析し、どのような戦略が効果的かを紐解きます。また、文化的多様性に対応したメニュー開発の重要性、デジタルマーケティングを活用した顧客獲得、さらには多言語対応や文化的配慮を含むユーザー体験の向上に焦点を当てます。

飲食店関係者として新たなユーザー層を集客し、あなたのお店を成長させるためには、これらのテクニックを理解し実践することが必須です。この記事を読むことで、お店の魅力を国内外の多くのお客さんに伝えてインバウンド集客への第一歩を踏み出すことをぐるなびは願っています。

〈目次〉

インバウンド集客の基礎知識
 ・そもそもインバウンドとは何か?
 ・日本全体で見ても、飲食店でのインバウンドは重要

成功事例に学ぶインバウンド集客
 ・国内外の成功事例を紹介
 ・インバウンド集客のためのマーケティング手法

ターゲットを捉えるメニューで集客しよう
 ・文化的多様性に合わせたメニュー作り
 ・地元の特色を活かしたメニュー提案

インターネットで集客する
 ・SNSでの効果的なプロモーション方法
 ・お店のウェブサイト、グルメサイト店舗ページの重要性

インバウンド集客におけるキャンセル対策
 ・インバウンド客の予約キャンセルの実態と対処法
 ・予約キャンセルを減らすための具体的な戦略

ユーザー体験の向上とクチコミ効果
 ・言語対応とカルチャーケアの重要性

▼ぐるなび公式Xアカウント▼

ぐるなび - 飲食店様のお役立ち情報

(よろしければ、こちらもぜひフォローお願いします!)

インバウンド集客の基礎知識

そもそもインバウンドとは何か?

ご存じの通り、インバウンド集客とは、海外からの観光客をターゲットにしたマーケティング戦略を指します。国土交通省観光庁の発表によると、2023年7-9月期の訪日外国人旅行消費額は、2019年同期比17.7%増の1兆3,904億円。2022年10月の水際対策緩和をきっかけに、訪日外国人数は順調な回復を続けています。消費額のうちの23%弱の3,179億円が飲食費にあてられていることからも、飲食店は異なる文化や言語の壁を超えて、外国人観光客にアプローチしていかねばなりません。例えば、ぐるなびの加盟店の場合でも浅草エリアにある多くの飲食店が、多言語メニューや外国語を話せるスタッフを配置することで、さまざまな国からの観光客を迎え入れています。さらに、こうした店舗は、外国人観光客向けの特別な料理やサービスを提供することで、異文化体験を求める観光客の心を掴んでいます。ブランド和牛を使ったメニューをリーズナブルな価格で提供したり、英語で作成されたお好み焼きの焼き方のチュートリアル動画を紹介したりするのはその良い例です。地元の文化を紹介しながら、新しいユーザー層を開拓する流れを生み出している、というわけです。

さらに、インバウンド集客では、インターネットを利用したマーケティングの活用が不可欠です。あなたのお店のウェブサイトは、多言語化対応していますか? Googleビジネスプロフィールでのクチコミに対応できていますか? あるいは海外を含めてSNSへアクティブに参加していますか? 

ウェブサイトやSNSにおいて、多言語での情報提供は非常に重要です。訪日外国人観光客は、飲食店選びにおいて、詳細な情報がウェブ上にあるかどうかを重視します。そのため、グルメサイトの店舗ページやGoogleビジネスプロフィールに、外観の写真やメニュー、店内の様子を多言語で掲載することが推奨されます。

とはいえ、デジタルツールを駆使して海外の潜在層にアピールする方法はさまざまです。北海道の寿司店が、お店のInstagramにおいしそうで、かつ美麗な寿司の写真をあげて、外国人観光客の間で話題になった事例も数多くあります。言葉を媒介とせず、視覚的なコンテンツを通じて日本の食文化の魅力を伝える効果的な方法と言えるかもしれません。

日本全体で見ても、飲食店でのインバウンドは重要

飲食店が外国人観光客を効果的に迎え入れるためには、まず自分のエリアにどの国からの観光客が多いかを理解することが重要です。日本政府観光局の統計データを活用して、各都道府県の外国人宿泊客の国籍を把握し、その情報を基に食習慣や要望に応じたサービスを提供することが有効です。ちなみに、先ほどの国土交通省観光庁の発表ですが、一般客1人当たり旅行支出は平均で21万1千円。飲食費をもっとも使うのはイタリア人だそうです(交通費はスペイン、娯楽などのサービス費はオーストラリア、買物代は中国が最も高いそうです)。

外国人観光客をターゲットにすることは、新たな集客販路を開く大きなチャンスにもなりえます。外国人観光客が増えるにつれて、飲食店は異なる国や文化の人々を引き付ける機会が増え、結果としてビジネスを成長させることが可能です。たとえば、京都のある日本料理店は、外国人向けに英語での料理教室を開催しました。参加者は料理を作りながら日本文化を学び、その店を好きになりました。どこの飲食店でもできる事例ではありませんし、また時間を要するものではありますが、このような活動は外国人にもお店のファンが生まれてリピーターになったり、料理教室の様子や感想がSNSやトリップアドバイザーなどで拡散されて外国人への認知度や集客力が高まったりします。

インバウンド集客は、季節の変わり目や国内経済の不安定さに影響されにくい、安定したユーザー層をつかむのに役立ちます。たとえ国内のお客さんが少なくなる時期でも、海外からの観光客はまだ来店することがよくあります。そのため、外国人観光客を上手に取り込むことは、飲食店の経営を安定させるのに大いに役立ちます。さらに、これらの観光客がSNSでのシェアやクチコミを通じて店のことを広めると、店の知名度が国内外で上がり、もっと多くの人が来店するようになります。

例えば、沖縄のカフェは、美しい景色と地元の食材を生かした料理で、外国人観光客に人気を博し、インターネット上での評判も良くなりました。このような良いクチコミは、新しいお客さんを引き寄せるのに非常に効果的です。

インバウンド集客は、ただ外国人のお客さんを増やすことだけではありません。実は、インバウンド集客はあなたの地元の特別な文化や特徴を世界に広めるチャンスも提供します。例えば、飲食店が自分たちの地域の伝統的な料理や文化を大切にしながら、それを外国人観光客に紹介することによって、その地域の文化を世界に伝える「文化大使」としての役割を果たすことができます。

こちらの記事も合わせてどうぞ

訪日外国人にとって「外食」は日本に来る目的の一つ。彼らはどのように入店する店を決めるのでしょうか。また、訪日外国人トップ5の国はそれぞれどんな食習慣を持っているのでしょうか。その特徴や傾向から、彼らの日本滞在中の飲食店の探し方や飲食店ができる対策、今後の展望を含めて専門家の村山慶輔氏にうかがっています。

成功事例に学ぶインバウンド集客

国内外の成功事例を紹介

ある特定の国の観光客に合わせてサービスを調整する良い例のひとつに、大阪のあるたこ焼き店が中国のSNSを使って、中国人観光客に向けた宣伝を行ったケースがあります。店では、中国語のメニューを用意し、春節など中国の祝日に合わせた特別なプロモーションを行った結果、たくさんの中国人観光客が店を訪れるようになりました。

国外に目を向けると、ニューヨークのラーメン店では、ラーメン作りを前面に出して、地元メディアに注目されました。店はラーメン作りのワークショップや文化イベントを開催し、日本文化に興味がある人々から多くの支持を受けました。このように、文化を紹介する活動は、店にとって新しいお客さんを引き付ける良い方法となります。

パリにある日本食レストランが、フランス人のために特別な日本食イベントを開催した例もあります。このイベントでは、来場者に日本食の情報を伝え、実際に日本の料理を試してもらいました。このイベントのおかげで、レストランは新しいお客さんをたくさん迎え入れることができ、さらにはフランス人の間で日本食への興味を引き上げました。

国内でも国外でも、インバウンド集客においては、訪れる国の人々の興味や文化に合わせた特別な取り組みが重要だと言えます。つまり、異なる文化背景を持つ人々に対して、シンプルではありますが彼らの好みや興味に合わせたイベントやサービスを提供することが、新しいお客さんを引き付ける秘けつだと言えます。

インバウンド集客のためのマーケティング手法

インバウンド集客で成功するためには、やはりデジタルマーケティング、つまりインターネットを効果的に使うことがとても重要です。まずは外国人観光客に向けて、いろいろな言語で情報を提供するウェブサイトを準備するのは必須です。 グルメサイトやお店のホームページ、SNSを多言語対応にしてみましょう。 さらに余裕があれば海外のSNSを使って宣伝するのも有効です。京都の寿司店では英語や中国語、韓国語でウェブサイトを作り、InstagramやWeChatで宣伝をしたところ、たくさんの外国人観光客が来店した例もあります。また、特定の国に絞った事例ですと、東京の居酒屋が韓国の観光客を狙って、韓国語で特別なプロモーションを行ったところ、韓国からのお客さんが増えたそうです。

ぐるなびに加盟すれば、多言語ページが無料で作成可能!
まずはお問い合わせください

ぐるなび店舗ページを登録すれば、自動で外国語版ページに反映。4言語(英語・韓国語・中国語簡体字・中国語繁体字)に自動翻訳!簡単に外国語版ページを作成できます(※別途、多言語メニュー編集も有料でご用意しています)。

ターゲットを捉えるメニューで集客しよう

文化的多様性に合わせたメニュー作り

ではお店では何を提供したら良いのでしょうか? 特定の国のみをターゲットにする場合でなければ、外国人観光客を迎えるためには、いろいろな国の人々の食べ物の好みに合わせたメニューを用意することが大切です。東京の有名な寿司店が、ベジタリアン向けやハラル食品を使った寿司を始めたところ、色々な国の人たちから好評を得ました。また、インドからの観光客向けに、カレーにベジタリアンの選択肢を加えたり、辛さを調整できるようにしたりするレストランも増えています。

地元の特色を活かしたメニュー提案

外国人観光客に特別な食事体験を提供するには、その地域の伝統的な食文化を生かした、“その土地ならでは”のメニューが最も手っ取り早く、かつ引きになるのではないでしょうか。京都にある和食の店では、季節に合わせて変わる地元の食材を使った懐石料理を提供し外国人観光客に日本の四季の変化を味わってもらえます。沖縄だったら地元の島豆腐やゴーヤを使った料理で、観光客に沖縄ならではの味を楽しんでもらっています。北海道だったら、新鮮な海産物を使った海鮮丼を提供することで、海外からの観光客に大人気となり、その評判がSNSを通じて広がりました。また、青森県のりんごを使用したアップルパイは、地元の特色を活かしたデザートとして観光客に好評です。

人気の観光地でなくても、“その土地ならでは”のメニューはインバウンド集客に大いに引きになる可能性があります。

外国からのお客さんを引き付けるには、さまざまな国の文化に合わせたメニュー作りと、その地域ならではの料理を提供することが大切です。これにより、飲食店はさまざまな人々の好みやニーズに応えることができ、同時に地元の食文化を伝えることが可能です。このアプローチによって、お店は新しいお客さんを迎え入れ、自分たちのユニークな魅力を世界中に広めることができます。

インターネットで集客する

SNSでの効果的なプロモーション方法

インバウンド集客に限りませんが、SNSは今の時代、お店を宣伝するのにとても重要なツールです。飲食店の場合、InstagramやFacebookでの写真や投稿が、新しいお客さんを呼び込むのに直接つながります。定期的な発信が、地元の人だけでなく、観光客からも注目を集める可能性があります。

SNSでのマーケティングがうまくいくためには、お客さんとのやりとりがとても大事です。お店の雰囲気や料理の良さを写真や動画で見せることはもちろん、フォロワーがコメントや質問をしたら、早く丁寧に答えることで、お客さんとの良い関係が築けます。さらに、ハッシュタグを上手に使うことも重要です。ハッシュタグを使って、お店のある場所や特別なイベントに関連した投稿をすると、より多くの人がその投稿を見つけやすくなり、新しいお客さんを引き付けることができます。いずれも地味で大変な作業ですが、SNSマーケティングは集客に必ず結びつく重要な取り組みといえます。

お店のウェブサイト、グルメサイト店舗ページの重要性

今の時代、飲食店にとってウェブサイトはとても重要です。ウェブサイトはお店の顔のようなもので、インターネットで外国人観光客に簡単に見つけてもらうためには、SEO(検索エンジン最適化)が必要です。これは、Googleなどの検索エンジンでお店が上位に表示されるようにするための工夫です。

例えば、京都の日本料理店がウェブサイトを英語や中国語など複数の言語に対応させ、地元の食材を使った料理や店の歴史について詳しく書いたところ、海外からの観光客がたくさん訪れるようになりました。北海道のシーフードレストランも、新鮮な魚介類についてのブログを頻繁に更新し、Googleでの検索順位を上げることに成功しました。

ウェブサイトのSEO対策には、キーワードの選定が重要です。たとえば、「東京 ベジタリアンフレンドリー レストラン」のような具体的なキーワードをページのタイトルや本文に組み込むことで、検索エンジンでの露出度が高まります。さらに、ユーザーレビューを積極的に取り入れることも有効です。クチコミは他の顧客にとって信頼性の高い情報源となり、ウェブサイトへの流入の増加に寄与します。

飲食店がインターネット上で注目されるためには、SNSとウェブサイトの対策がとても大切です。SNSを使うことで、InstagramやFacebookなどでお店の魅力を多くの観光客にも伝えることができます。また、ウェブサイトで多言語対策をすることにより、Googleなどの検索エンジンで外国人の目に留まる機会を増やすことができます。

インバウンド集客におけるキャンセル対策

インバウンド客の予約キャンセルの実態と対処法

多くの飲食店にとって、外国人観光客からの予約はビジネスを成長させるチャンスです。しかし、外国人観光客の予約は無断でキャンセルされることも少なくありません。キャンセルの理由には、旅行計画の変更や言語の壁による誤解が含まれます。予約キャンセルが増えれば売上に影響が出ます。

このようなキャンセルを減らすために、予約時にキャンセルポリシーを明確にする、多言語でのコミュニケーションを強化する、予約確認のリマインダーを送るなどの対策を試みています。

予約キャンセルを減らすための具体的な戦略

飲食店での外国人観光客の予約キャンセルを減らすためには、まず、予約システムにはっきりとしたキャンセルポリシーを設けることが大切です。具体的には、お客さんが予約する際に、キャンセル料が必要か、キャンセルの締め切りはいつかなどを明確に伝えます。この情報を事前に知っておくことで、お客さんが無断でキャンセルすることが少なくなります。

さらに、予約したお客さんに確認のメールやリマインダー(予約のリマインドメッセージ)を送ることも効果的です。これにより、お客さんが予約を忘れたり、予定が変わったりした場合に、事前に対応できるようになります。特に海外からのお客さんの場合、予約時に連絡先を必ず聞いておきましょう。予約内容に変更があった場合すぐに連絡が取れ、直前の予約変更やキャンセルにもスムーズに対応できます。

飲食店での外国人観光客の予約キャンセルを上手に対処するには、柔軟な予約管理が効果的です。たとえば、可能ならキャンセル待ちのリストを準備するのも有効でしょう。これにより、予約がキャンセルされた場合でも、すぐに他のお客さんにその席を提供できます。また、キャンセルが出たらSNSで「空席あり」の情報を流す、というのも即効性がありそうです。

外国人観光客の予約キャンセルを防ぐためには、言語の問題を解決することが大切です。ウェブサイトだけでなく予約システムを英語や中国語など、複数の言語に対応させることが効果的です。これにより、外国人観光客が予約プロセスを分かりやすく進めることができ、誤解やキャンセルのリスクを減らすことができます。

実際に、京都にある伝統的な日本料理店では、英語と中国語でのオンライン予約システムを導入した結果、外国人観光客からの予約が増え、キャンセルが減少しました。

まとめると、飲食店で外国人観光客を迎える際、予約キャンセルの問題を減らすためには、言語の壁を解消するための多言語対応システムの導入や、予約プロセスの簡素化などが大切です。これにより、外国人観光客の予約キャンセルによる不安を減らし、飲食店の経営を安定させることができます。

さらに、これらの対策は顧客の満足度を高める効果もあります。満足度が高ければリピーターになる可能性も高まり、良いクチコミを通じて新しい顧客を引き付けることも期待できます。

ぐるなび外国語版の事前決済コース予約(SBPS)もご用意がございます

▼事前決済コース予約できる店舗
https://gurunavi.com/en/site/reservation/

まずはお問い合わせください

ユーザー体験の向上とクチコミ効果

言語対応とカルチャーケアの重要性

繰り返しになりますが、インバウンド集客では、外国人観光客に良い体験を提供するために、多言語対応や異なる文化への理解がとても重要です。東京のラーメン店では、メニューを英語、中国語、韓国語で用意されているお店も珍しくなくなってきました。外国人のスタッフを採用するケースも多いのではないでしょうか。

観光庁の2017年の調査によると、訪日外国人が最もコミュニケーションで困る場所は飲食店であり、特に料理の選択や注文の際に問題が多いことが明らかになっています。この問題に対処するため、写真付きの多言語メニューや、QRコードを用いたメニュー案内が有効です。また、外国語を話せるスタッフが不在の場合や、オーダーシートが工夫できない場合でも、写真付きの多言語メニューがあれば、英語が話せないスタッフ&普通のオーダーシートで注文のミスを防ぎ、スムーズなサービスが可能です。

飲食店で海外からの観光客が快適に過ごしてもらうためには、異なる文化への配慮が重要です。例えば、ベジタリアン向けのメニューやハラル食を提供することは、異なる食習慣を持つ顧客にとって大きな魅力です。これにより、お客さんは自分たちの文化や習慣が尊重されていると感じ、その結果、お店を友人や知人に推薦する可能性が高まります。

さらに、外観写真の掲載、多言語メニューの提供、クレジットカードやFree Wi-Fiの使用可能表示など、店外での情報提示も重要です。訪日外国人観光客が店の前に来た時に入店をためらわず、安心して利用できるようになります。Googleビジネスプロフィールなどに、多言語でのサービスや文化的配慮に関する情報を掲載することも効果的です。これにより、検索している顧客は、そのお店が自分のニーズに合ったサービスを提供しているかどうかを事前に知ることができます。

まとめ

この記事では、外国人観光客をターゲットにすることの重要性と、それを成功させるための方法を見てきました。インバウンド集客は、飲食店がビジネスを伸ばす大きなチャンスです。成功するためには、いくつかの重要なポイントがあります。

まず、自分の店がターゲットにするべき外国人観光客がどの国から来るのかを特定し、その国の文化や言語を理解することが大切です。次に、言語対応や文化への配慮を含むサービスを開発し、これを提供するための準備を整えます。また、SNSやGoogleビジネスプロフィールなどのデジタルツールを活用して、インターネット上での存在感を強化することも重要です。

お客さんが良い体験をして、その話を他の人に伝えるようなサービスを提供することも大切です。これには、店内の雰囲気作りやメニュー選び、イベントの企画などが含まれます。

最終的に、インバウンド集客は継続的な取り組みが必要です。市場の動きを常にチェックし、戦略を定期的に更新することで、長期的な成功が期待できます。ぐるなびも精一杯お手伝いいたします。

インバウンド集客に関する疑問や不安、具体的な相談事があれば、ぐるなびにお気軽にご相談ください。

「ぐるなび通信」の記事を読んでいただき、ありがとうございます。

ぐるなびでは、多くの飲食店経営者様との長年の実績を持ち、業界の専門知識を活かしてお手伝いさせていただきます。安心してお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからどうぞ