心あたたまる雰囲気作りとサプライズ演出でリピーター続出

Dining Bar ORANGE PEKOE-二次会需要を予見し、積極的に打ち出したパーティプラン。柏市で飲食業を始めたのは、今から25年前の1986年。手作りケーキ主体のカフェから出発し、13年後はダイニングバーにリニューアル。‐ぐるなびツール活用

URLコピー

Dining Bar ORANGE PEKOE

千葉・柏

白と明るいブルーのコントラストが、若々しい爽やかな印象をもたらしている

二次会需要を予見し、積極的に打ち出したパーティプラン

柏市で飲食業を始めたのは、今から25年前の1986年。手作りケーキ主体のカフェから出発し、13年後はダイニングバーにリニューアル。近隣には大手結婚式場や披露宴会場となるホテルが増え始めていたことから二次会需要を見込み、パーティプランを売り出した。狙いは見事に的中した格好だ。同店のコンセプトは、ほのぼのとした心あたたまるウエディング。「今風のシックでオシャレなウエディング・カフェとは一味違う店にしようと思い、絵本に出てくるようなかわいらしい雰囲気を大切にしています」と話すのは、オーナーの野澤治男氏。「どの二次会でも、パーティが終わると自然に新郎新婦、幹事さんとの連帯感が生まれ、『本当に良いパーティでした、ありがとうございました』と感謝され、ご満足いただいているようです。」

同市には現在、競合するウエディング二次会の会場店舗が100軒ほどあるが、同店の二次会需要は好調に推移しているという。

一番人気はチョコフォンデュや
フリードリンク付きの4,500円コース

パーティプランは、3,980円・4,500円・5,000円の3種類を設定。そのうち最も人気が高いのは4,500円コースだ。「理由は充実したサービス内容にあります」。25名以上なら新郎新婦2名分の料金をサービスし、デザートにはチョコフォンデュをプレゼント。しかもフリードリンクも付いている。特にチョコフォンデュは、女性のゲストに喜ばれているという。

このように、祝いの席にふさわしいサービス内容やフードメニューも設定してあるが、ゲストたちは披露宴でお腹いっぱい食べてくることが多い。そのため、食事は少なめにしてほしいという要望も少なくないという。「幹事さんや新郎新婦にとって大切な記念日ですから、店のお仕着せではなく納得のいくプランに仕上げています。主催者の要望を受け入れ、予算の範囲内で最大のサービスをすることが、当店の役割だと考えています」

年間で約100件もの二次会を開催する同店では、100種類の二次会が行なわれているというわけだ。客の立場に立ってプランを設定するため、食事は付けず、ドリンク飲み放題の1,980円コースを設定することさえあるのも同店ならでは。利用客の要望に柔軟に応えることによって、自然とリピーター確保につながっている。

心に残る印象的な趣向を企画し
新郎新婦には当日サプライズを演出

同店のもうひとつの売りは、心に残るパーティの演出だ。一般的には、二次会パーティを売り込む場合、「当店はこんな楽しい趣向を凝らします」などと、出し物の内容を具体的にプレゼンテーションすることが多い。しかし同店ではあえてそれをしない。パーティの出し物などの趣向は、新郎新婦には当日まで内緒にして準備を進める。

「全部お話してしまうと楽しみが半減しますから、当日までサプライズにしています。幹事さんには打ち合わせのときにお話ししますが、新郎新婦には心に残る演出を楽しんでいただくために、絶対内緒にしておく必要があるのです」。

同店ならではのユニークな演出の一例として祝電の活用法を教えてもらった。新婦が両親宛に手紙を送るのはよくあるが、事前に新郎が新婦宛に祝電を打つと、ほとんどの新婦は感動のあまり号泣するのだという。「口下手の新郎がこんな祝電を送ってきました」などと、司会者が出席客に披露するのが肝だ。こうした意表を突く演出で、同店はこれまで1,000組以上の二次会を作り上げてきた。

「ぐるなび大学」で学んだ
成功するウエディング&パーティの集客法

二次会のPRは、二次会プランを設定した10年前からWebを主体に行なっている。また成功するウエディングやパーティの集客法などは「ぐるなび大学」で学んだことが多いという。「ぐるなび大学は、私たちが普段気が付かないことを分析し、わかりやすく情報提供してくれるので助かっています。自分たちが何をやりたいかということより、客が何を求めているのかが重要という話も印象的でした」

販促は「ぐるなびウエディング二次会」のほかにも利用しているが、「ぐるなびを見ました」と電話をかけてくる客が圧倒的に多い。二次会を始めたときからぐるなびに加盟し、手応えを感じていたという。同店の年間通じての繁忙期は3、4月だが、今年は東日本大震災の影響で30件入っていた予約が20件もキャンセルとなり大打撃となった。しかし「被災で失いかけたほのぼの感や心を大切にしたコンセプトをWebで発信すれば、必ず新規客の心に響くはず」と希望を語ってくれた。

オーナー
野澤 治男 氏
ベージュと白を基調とした、ほっとくつろげる雰囲気のパーティ会場。死角のない正方形の部屋は開放的で、どの角度からも人の顔が見えると好評。最大70名まで収容でき、ウエディング二次会はもちろん、20名ほどの少人数のパーティ利用でも随時対応できるのが人気の秘密
童話の世界に迷い込んだような、かわいらしさを感じる空間。開放的な窓からはやわらかな日差しが降り注ぎ、屋外にいるような気持ちよさがある
店舗ページでもウエディング二次会でのメニューや雰囲気を伝え、興味を持たせてウエディングページに誘導。二段構えで、問い合わせから高契約率につないでいる
Dining Bar ORANGE PEKOE
住所
千葉県柏市柏4-9-10 2F
ジャンル
ダイニングバー
収容人数
着席・立食:30名~70名
営業時間
11:30~15:00、17:30~24:00
定休日
月曜
http://wedding.gnavi.co.jp/site/2/p427300/

結納・顔合わせから結婚式、二次会まで
お店の多角化で効果的な集客を目指しませんか?

詳細はこちら

※本記事の情報は記事作成時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報はご自身でご確認ください。

URLコピー